« パンを焼こうイベント | トップページ | 八ヶ岳絶景パノラマポタリング:本番 »

藁にょう

 1414127_img        

  この構造物は、「藁にょう」とか単に「にょう」とか言うものです。稲を刈り取って脱穀した後の藁を、立てた棒に挟み込みながら、塔のように積んでいきます。この地方に独特の形の藁の保存法です。今回、集落のおばちゃんに先生になってもらい、ステップアップゼミの会員が数名で作りました。隣の集落の男の子も飛び入り参加しましたが、「僕が上に乗りたい~」と大騒ぎ。

 1414126_img

  

 まず、まっすぐな棒を立てて、そこに最初の数束を結び付けます。そうしておいて、その上から順々に藁束を押し付けるようにして、積み上げていきます。これがとてもよくできたもので、雨露は下に流してしまうし、春になって使うときには、一番下の数束を除いて、スッと抜き取ることができます。まさに、“知恵”そのものです。

 そして出来上がれば、八ヶ岳をバックに、なかなかのものです。

1414138_img

|
|

« パンを焼こうイベント | トップページ | 八ヶ岳絶景パノラマポタリング:本番 »

循環の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/9092670

この記事へのトラックバック一覧です: 藁にょう:

« パンを焼こうイベント | トップページ | 八ヶ岳絶景パノラマポタリング:本番 »