« さまざまな生活用具 | トップページ | ≪いちごクラブ≫暮れの餅つき大会 »

冬を前に羊の環境整備

 絶景八ヶ岳のビューポイントである、ここ御射山神戸の太郎口は、近年有害鳥獣の被害が甚大で、荒廃地化が進んでいた。危機感を持って何とかしたいと言う気運の高まりからビオトープ、ブルーベリーの植栽、湧水を守る事業の取り組みが進行中。Topic6_023

周辺の荒廃化にマッタを掛けてくれたのが、みさやま羊牧場の存在・・・子供たちとの関わりや癒し効果でリピーターも増え、周辺農家も触発されて見違えるほど環境が整備されて来ている

生き物の管理が大変なことは判っている。口では簡単に言えるが実際飼育することの大変な作業をやってのけているスタッフに感謝の毎日である。会員は刺激され、一層ボランティアの活動に広がりを見せている・・こちらも感謝。ブルーベリーの植栽事業も維持管理を専門にしてくれる仲間がいて、もくもくと働く姿が地域の人たちの心を動かし始めた。だから人が集り継続できる地域力が育ち始めたと思う。

今まで放牧させていた羊の引き上げを、≪いちごクラブ≫の子供たちと15日に実施。P1010313P1010299

P1010300

自由にしていた羊たちを捕まえるのはかなり大変だったが、皆でわいわい楽しみながら、厳しい寒さをしのぐ手作り小屋のあるみさやま牧場へ羊たち四頭を戻した。P1010280

P1010285_2 P1010289 P1010291

少し離れた場所に、荒廃した農地の地主さんが、我々の羊放牧場に使っても良いよと、提供してくれた土地2枚の雑草を、早速ハンマーナイフや草刈り機でやっつけ、来春へ向けてトラクターで起こし、見違えるようになった。小さな一つずつの積み重ねの効果が目に見えてきた。

|
|

« さまざまな生活用具 | トップページ | ≪いちごクラブ≫暮れの餅つき大会 »

ヒツジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/9440275

この記事へのトラックバック一覧です: 冬を前に羊の環境整備:

« さまざまな生活用具 | トップページ | ≪いちごクラブ≫暮れの餅つき大会 »