« 町並み保存 | トップページ | サルの被害視察 »

琵琶湖博物館

  関西視察シリーズです。滋賀県知事になった嘉田由紀子さん。以前、ステップアップゼミでは市民講座のような形で、いろいろな講演会を企画し、やっていました。結城登美雄さんや田中優さんなどを呼びました。最後の頃に、嘉田さんを企画していたら、知事になってしまったので、実現できなかったのです。その嘉田さんが、生活環境主義の思想をはぐくんだ博物館です(学芸員として中心的な役割をしていたようです)。私にとっては、メッカやエルサレムのような場所なので、今回大変楽しみにしていました。

1484807_img 1484808_img 1484809_img 1484810_img

 予想にたがわず素晴らしい場所でした。開館時間より早くついたので、まずは農村体験のコーナーに行き、見学。移築民家ではないのですが、しっかり田んぼや畑があり、体験できるようです。ちょっとプログラムの充実は弱かったかな。

 内部は、最初地層の話とかでちょっと硬いですが、後半の暮らしのコーナーから一気に盛り上がります。画像2~3枚目はリアルすぎて、ポットントイレを使ってしまった人が居るということで有名な移築民家。ほんの50年前にはこんな光景が田舎では普通だったんですよね。

  最後の画像は、琵琶湖周辺で特徴的な蒸し風呂です。これも見たかったもののひとつです。全体的に環境を守りましょうという色彩が強いですが、涙が出るくらいありがたい展示が多いです。ほぼ半日見学いたしました。

 生活環境主義には、一時批判が多かったんですが、私はかなりいけている思想だと思っています。身の回りのこと、また、地縁から始まるどうにもならないこと、そこからしか始まらないんではないか。そういう観点から、御射山神戸での活動も組み立てているようなところもあります。皆さんにも一度見学されることをお勧めします。

 

|
|

« 町並み保存 | トップページ | サルの被害視察 »

循環の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/28537661

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖博物館:

« 町並み保存 | トップページ | サルの被害視察 »