« おめでたいお知らせ | トップページ | TOTOの浜ちゃんからのメール »

「フリマネット信州」という怪物

 ステップアップゼミのスタッフの一人が、自分の仕事の関係でお付き合いしているグループがあります。「フリマネット信州」というフリーマーケットをあちこちで開催するのが目的のグループです。松本を中心に、松本市の音楽ホール(島内音文)やパルコ前広場などで、リユースを進めるため、がんばっています。付き合いは7年ほどになりますが、知り合った当時はフリーマーケットブームで、どの会場もあまり苦労なく人がいっぱいという状況でした。また、こういうフリマを主催するグループもたくさんありました。しかし、ブームが去った後は、あまりぱっとしない感じで、あちこちのグループも活動をやめていったようです。

 そういう中、この「フリマネット信州」だけはしぶとく生き残りました。松本のアースデイも取り組みのひとつです。ここは、200ブースも出店し、壮観です。ちょっとヒッピー系も入っていますが、若者には大人気。

  昨日参加した島内音文フリマは子育て中の主婦に絞ったフリマで、いつもものすごい動員力です。子どもの服が中心ですが、これはたぶん大変助かるということなのでしょう。音文ホールの広い駐車場は満杯、あちこちで人だかりができます。活動の中心は立石夫妻。お子さんが10人くらいいるらしいんですが、正確な数はわかりません。それだけでも大変だと思うのですが、若い人、子育てママ、スローライフ派とそれぞれのターゲットにあわせた、明確なテーマを持ったフリマをやっています。若いお母さん向けの音文フリマには、オムツ換え用のテントや授乳用の簡易テントがあったりして、お母さんのニーズをとらえてるなあ・・・といつも感心しています。

 この二人、正にフリマ界の怪物です。そのほかにも福祉関係のボラ団体もやっているとか、いないとか。画像は、島内音文の様子と、ご夫妻です(真ん中にいるオレンジ色のすごい奴がお二人)

 ステップアップゼミの活動にも、何かリンクできないかと、お話を進めているところです。パワーだけでもいただきたい!!

Photo Photo_2

Photo_3

 4月29日には松本で「アースデイ松本」を主催します。

 詳しくはこちら→フリマネット信州

 

|
|

« おめでたいお知らせ | トップページ | TOTOの浜ちゃんからのメール »

循環の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/29085757

この記事へのトラックバック一覧です: 「フリマネット信州」という怪物:

« おめでたいお知らせ | トップページ | TOTOの浜ちゃんからのメール »