« 乙事地区“改造”計画 | トップページ | 原山さまの花傘提灯飾りの準備〔八幡社境内〕 »

緑陰講座に行ってきました

  毎年、この時期になると、はがきで案内が届きます。塩尻の洗馬という宿場町の古刹、万福寺というところで、東京からいろいろな著名人(主に哲学系)を読んで講座をやっており、その案内です。今年は見田宗介さんがこられたので、聞いてきました。見田さんは、今年で2回目の講演です。

 前にこられたのは、5年ほど前ですが、何年かたつといろいろな理論も色あせてくるのは仕方ないことかもしれませんが、お弟子さんの大沢真幸さんが活躍されているので、余計に目立ったようです。

 お話の中で、印象に残ったのは、生物学でいうロジステック曲線と日本の人口の推移の対比でした。放物線状に増えていった個体数がピークをうち、下降へと向かう生物は滅亡するということでした。

 また、資本主義の発展段階で、戦争と恐慌は避けられないものであったのが、情報化と消費化社会によって、マーケットを作り出したので、戦争と恐慌を避けることができていた(ここ50年間)。しかし、昨年の株価暴落などの世界的な恐慌がおき、それも万能薬でないことが証明された。そしてこの後、何が救うのか?ということでした。考えるべき大きな課題です。

1494993_img 1494994_img

|
|

« 乙事地区“改造”計画 | トップページ | 原山さまの花傘提灯飾りの準備〔八幡社境内〕 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/31092346

この記事へのトラックバック一覧です: 緑陰講座に行ってきました:

« 乙事地区“改造”計画 | トップページ | 原山さまの花傘提灯飾りの準備〔八幡社境内〕 »