« JA金融部門跡地でサロンえんがわ | トップページ | ふじみの里道探検ツーリング »

東京農工大生による現地調査

 以前ステップアップゼミで調査した、主にいのししによる耕作地への被害状況と、耕作放棄地への広がりについて、現在の状況はどうなっているのかという事を、東京農工大の学生さんが調査してくれることになりました。

 一枚一枚の田畑の持ち主に、聞き取り調査をするという大変なものです。とっかかりとして、3日間ほど、あちこち聞いて歩いたようです。ステップアップゼミでも、全面的な協力をしていく予定です。

 特に、各農家が、耕作放棄地にするかどうかの判断をする際の、その農家の背景、例えば子供は東京に出てしまって絶対帰ってこないとか、諏訪あたりにいて時々草刈を手伝うとか、そういった情景芋あぶりだしてくれるようです。

 結果が今から楽しみです。

1505040_img

|
|

« JA金融部門跡地でサロンえんがわ | トップページ | ふじみの里道探検ツーリング »

有害鳥獣対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/31583142

この記事へのトラックバック一覧です: 東京農工大生による現地調査:

« JA金融部門跡地でサロンえんがわ | トップページ | ふじみの里道探検ツーリング »