« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ブックパッカーという催し

 ブックパッカーという催しをご存知でしょうか?詩人のウチダ ゴウさんは推奨する催しで、それぞれの人が、自分のお気に入りの本や、人に勧めたい本を持ち寄って、その本について話をするというものです(詳しいことがお知りになりたい方はhttp://www.bookpacker.org/about.html←ここまで)。

 この催しが、甲府で行われると知り、早速参加してみました。甲府駅にほど近いバールスローというカフェが会場。2人1組で参加された方たちもおられましたが、ほとんどが初対面。何回か参加されている方から、順番に本を紹介していきます。

 最初は硬い雰囲気でしたが、そこは本好きな人たちだけに、次第にざっくばらんな雰囲気に、話も弾んで、とても心地よい空間へと変わっていきます。まあ、主催のウチダさんのオーラが、雰囲気に加担していたのは否定できませんが、本というものを媒体にした人間関係は、なんとも気持のよい楽しい時間をプレゼントしてくれました。

 また、人が読んでいる本っていうのは刺激的です。まったく自分が思いもしなかった本が紹介されるからです。これはほんとにすごいことです。

 この催し、富士見でぜひ実現させたいと・・・動き始めました。

 

100122_205402 100122_201101

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

米原公民館・愛知川図書館視察 意見交換会

 昨年11月に実施した、公民館町民企画講座の反省会として意見交換を行いました。

8名の人が集まり、活発に意見交換ができました。主なものは、

・地域行政コーナーにあった、地元のレストランのメニューなどは役に立ちそうだ。

 本の配置してある場所の広さがあり、気持ちよい空間で、心地よくすごせそうだと思った。

ことな(子供と大人の間)コーナーというのがあり、高校生向けの漫画や本がそろっていた。

分類がすごく細かく(NDCはある程度守っているが)わかりやすい。

     読みたい本がわからない人向けのコーナーがあり、それなりに役に立ちそうな本がおいてあった。

     富士見の公民館も、各地区にある小規模な公民館の取りまとめのようなことに、積極的にかかわっていっていいと思う。

普通の図書館が集めないだろうなと思う資料が、たくさん集められていて、感動した。地域の細かい資料や情報があれば、住民は助かると思う。

 などなど、さまざまな意見が出ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

デジタルアーキビスト講習会

  来年度取り組むことになっている、デジタルアーカイブというものがあります。地域に残っている地域資源で、画像や映像などデジタル化できるものをデジタル化し、デジタル保存しようという取り組みです。

 この取り組みにあたって、デジタルアーキビストという資格があったほうが、よりきちんとしたアーカイブができるということで、資格講習に行ってきました。

1525205_img 1525206_img

 場所は、岐阜県の県立博物館。森の中の高台にある素敵な博物館です。 ここで、2日間にわたり実習を含めて研修を受けてきました。 

 大事なことは、

①メタデータ(データについてる説明的なデータ)の形式を国際標準を意識すること。

②コンテンツを作るうえでは、肖像権や著作権に留意すること。特に写りこみ(写真などに偶然写ってしまうこと)に注意すること。

 こんな感じの研修でしたが、最後の試験は結構難しく、やりがいのあるものでした。 さあ、資格は取れるかどうか・・・。

 参加者は、主に岐阜県内の図書館司書、博物館学芸員、教師などで、30人の定員に対して大勢の申し込みがあり、45人の参加となったそうです。あまりの人気に、もう一回3月に講習を行うとか。この資格、次第に注目されるようになってきたようです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブルーベリー園の鹿よけネット

 コミュニティガーデンのブルーベリー園が秋頃から、シカの害にあってきました。芽をなめるようにつままれたり、角で遊ぶようにしごかれたり、そんな被害が出ていました。そこで、少し荒めのネットを周りに張り巡らし、防除をしようということになり、冬の初めにほぼ完成しました。

 そんなおり、区長さんが朝の見回りで、そのネットに鹿が絡まっているのを発見。連絡をいただき、現場に向います。

1525212_img 1525210_img_2

 鹿は、角がからまり、逃られなくなっている様子。ピョンピョンはねて、はずそうとすることしかできないようです。これではますます絡まるばかり・・・。

 私たちには、鹿を処分することができません。役場に連絡すると、猟友会の方が来てくださり、ズドンとあえない最後となりました。その後は血抜き、解体とお決まりのコース。おすそ分けが何軒の家に行ったかは・・・ご想像にお任せします。

 鹿も駆除するだけでなく、こうやって食べれば立派な「地域資源」ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

サロン・えんがわ いよいよ大詰め

 新年最初の更新です。今年もよろしくお願いします。

 サロン・えんがわがいよいよ最終局面に。畳を入れてほぼ完成です。まだ寒い季節なので、部屋も寒いです。オープンは3月6日の予定。オープンから一月くらいは多分寒かったりするかも知れません。

1525202_img  1525204_img

  そして、サロン・えんがわに併設される「じいばば図書館」の本も選定が始まり、次々に購入しています。コンセプトは、子供がはじめて読む大人の本。青春時代を描いた作品や活字の大きなものを選んでいます。ちょっと背伸びをしたくなる年齢なので、淡い恋愛体験のような小説をメインで集めました。漫画も豊富です。

 開所式が待ち遠しいこのごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »