« ブルーベリー園の鹿よけネット | トップページ | 米原公民館・愛知川図書館視察 意見交換会 »

デジタルアーキビスト講習会

  来年度取り組むことになっている、デジタルアーカイブというものがあります。地域に残っている地域資源で、画像や映像などデジタル化できるものをデジタル化し、デジタル保存しようという取り組みです。

 この取り組みにあたって、デジタルアーキビストという資格があったほうが、よりきちんとしたアーカイブができるということで、資格講習に行ってきました。

1525205_img 1525206_img

 場所は、岐阜県の県立博物館。森の中の高台にある素敵な博物館です。 ここで、2日間にわたり実習を含めて研修を受けてきました。 

 大事なことは、

①メタデータ(データについてる説明的なデータ)の形式を国際標準を意識すること。

②コンテンツを作るうえでは、肖像権や著作権に留意すること。特に写りこみ(写真などに偶然写ってしまうこと)に注意すること。

 こんな感じの研修でしたが、最後の試験は結構難しく、やりがいのあるものでした。 さあ、資格は取れるかどうか・・・。

 参加者は、主に岐阜県内の図書館司書、博物館学芸員、教師などで、30人の定員に対して大勢の申し込みがあり、45人の参加となったそうです。あまりの人気に、もう一回3月に講習を行うとか。この資格、次第に注目されるようになってきたようです。

 

 

|
|

« ブルーベリー園の鹿よけネット | トップページ | 米原公民館・愛知川図書館視察 意見交換会 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/33104494

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルアーキビスト講習会:

« ブルーベリー園の鹿よけネット | トップページ | 米原公民館・愛知川図書館視察 意見交換会 »