« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

TOTO(水環境基金)と「どんぐりの森づくり」の看板支援

P1040912_2  TOTO(株)からは、水環境基金に応募して3年間の活動に支援を頂き、ヒツジの飼育、どこでもヒツジ牧場作り、ブルーベリーの植栽などを進める活動をして来ました。お陰で、自然環境、景観、地域づくりとしての里山が復活し、目標としてのコミュニティ・ガーデン事業の基盤が出来てきました。

 その活動支援を更にバックアップする、「どんぐりの森づくり」を受け入れました。それは、TOTOの社員が育てたどんぐりの苗を、支援先の地域に植栽する活動であり、社員と御射山神戸の地域の人たちとのコミュニケーションが生まれています。

先月その活動を紹介する看板が届き、凍土が溶けたので、3箇所に設置しました。

P1040913

P1040909

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブックシェアリング

 ブックシェアリングという催しを行ってみました。これはもともと、詩人のウチダゴウさんが、東京で始められたもので、管理人は甲府で参加しました。ウチダさんは「ブックパッカー」と呼ばれていましたが、かさなるので、ステップアップゼミでは「ブックシェアリング」と名づけてみました。

 横文字ですが、まあ、みんなの前で自分のお気に入りの本や、好きな本のお話をするという簡単なものです。とはいっても、本の話をする人もいれば、自分と本の今までの付き合いまで話す方もいて、その人の人となりが出るので、なかなか面白い催しです。今回は富士見で開催ということで、参加者は4名というさびしいものでしたが、盛り上がりはばっちりで、時間までしっかりかかり、みんな満足して帰られたようです。またやってみたいですね。

 本家ほんもとのウチダゴウさんは、この春、東京から松本へ移られてきました。そして松本でも、このブックパッカーを開催されるようです。

 早速5月にあるようですよ。詳しくはこちらまで・・・

 http://www.bookpacker.org/

1535376_img1 1535377_img

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「どんぐりの森」は、どうなっているの? TOTO社員家族見える。

 水環境基金として、コミュニティ・ガーデン事業のブルーベリーの植栽、ヒツジの放牧、湧水の保全、環境整備、景観保全など幅広い分野に、3年と言うTOTO(株)からの支援を頂き、その間社員や社員の家族との交流で、御射山神戸も元気を頂いて来ました。ステップアップゼミや御射里の会の会員との情報の共有、里山の持っている宝や維持管理の難しさなども共感して頂き力になっています。

P1040839 すずらんの里駅から上社御柱祭に参加するため、富士見町の氏子用の法被を着て、臨時列車を待っているところです。

P1040855 富士見が曳行する前三の御柱の木落としが、無事きれいに落ちて、その現場で記念撮影。

 周りの観覧席や道路、橋の欄干まで、見物人がひしめき合っている中、法被を着ている曳き子たちの特権で、間近で祭りの熱気を感じることが出来、皆さん大いに感動された由。

 前日には、富士見町の別の御柱本二の元綱を曳き、川越しまで付き合い寒さで震えながら見たので、早めに御射山神戸へ電車で帰り、ヒツジ牧場、「どんぐりの森」のどんぐりの植樹した木を探し、ブルーベリーの畑では、チップの中からカブトムシの幼虫を見つけ、お土産にした。

P1040871 2日間お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

みさやま牧場に元気な仔ヒツジ跳ね回る

P1040796_3  有害鳥獣と荒廃地対策の為に導入したヒツジの飼育を長年続けて来てくれたスタッフのお陰で、この冬待望の仔ヒツジが誕生した。 3月にもう1頭生まれ、ヒツジは全部で10頭となった。

小屋の外には、同じように子育て中のキツネがうろうろしていて、朝晩の食餌、水、糞の始末,夜間の戸締りなど管理するのも大変な作業、生き物の管理のご苦労に感謝です。

P1040792_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »