« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

自殺したくなったら図書館に行こう

 別に自殺したくなったわけではないですが、このキャッチフレーズで一躍、マニア(何のマニア??)に有名になった、滋賀県の能登川図書館に行ってきました。まあ、北陸方面に弔事があり、その帰りにちょっと(といっても彦根の町の城下町特有の複雑さに随分迷ったりしたのですが)寄り道したということです。

 で、肝心の図書館は・・・というと、非常にモダンな駅周辺整備がされた能登川駅から、新興住宅街を抜けたはずれにありました。博物館と図書館の複合施設。能登川町は合併で東近江市になったので、今は市営の図書館です。雑誌「世界」の、「自殺したくなったら・・・」の記事にも写真が載っていたのですが、広大な敷地に立っています。が、やっぱり予算の関係か・・・、広がっている敷地はちょっと草ぼうぼう。

 でも、です。やっぱりなんか違う。そう、吸い込まれてしまうような、そんな雰囲気を持っているんですね。まあ、先入観が大きいんでしょうが、とにかくそんな印象です。

Kc3p0020Kc3p0006  Kc3p0013

 こんな建物で、微妙にカーブしたこんなエントランス、そんでこんな天井ですから・・。自分の魂が吸い込まれて、大空に昇華してしまうの?みたいな。

 これだけで圧倒されちまいました。とりあえず、第1弾。時間の関係で、内容はあんまり深くは見られなかったのですが、続きはまたアップします。

 でも、ここによって見学したがゆえに、その日のうちに家までたどり着かなかったんです。でも行きたかったし、満足したので、それでいいか・・・みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »