« 高遠ぶらり | トップページ | 三澤勝衛は論壇のAKB48・・・なのか!? »

方言の録音

 10月から行っていた、方言の録音がひとまず終了しました。これは、富士見町で活動している「朗読の会」が企画したものを、ステップアップゼミでお手伝いしているものです。富士見町史下巻に掲載されている、富士見の方言を、できるだけ地元のアクセントやイントネーションに忠実に再現しようというもので、主に地元出身の会員の方が中心になり、約45分間×5回という長丁場をやり遂げました。

1555572_img  

 録音する場所は、AVホールで本格的だったのですが、録音機器はICレコーダー。

こんなんで大丈夫かなと思いながらでしたが、結構、鑑賞に耐えるものとなり、録音・ノイズ処理・CD化担当としては、満足のいく録音作業でした。

 今後、言い間違いやノイズチェックを済ませ、デジタルアーカイブの中に取り込んだり、CD化したものは、図書館にて貸し出したり、そういう感じで公開していきます。ぜひお聞きください。

 今後は、新年より、民話の吹込みを始めます。90歳の地元のおばあちゃんも参加してくださっているので、楽しみな作業です。このままだと消えていってしまう、方言の音声を、デジタル化して保存する事は、富士見高原デジタルアーカイブの中でも、大事な仕事になっています。もちろん映像も考えていますが、とりあえず、民話や方言に・・・こうご期待です。

|
|

« 高遠ぶらり | トップページ | 三澤勝衛は論壇のAKB48・・・なのか!? »

郷土の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/38213107

この記事へのトラックバック一覧です: 方言の録音:

« 高遠ぶらり | トップページ | 三澤勝衛は論壇のAKB48・・・なのか!? »