« 山中湖創造館 その2 | トップページ | 仔ヒツジどんどん産まれています »

デジタルアーカイブ研究会

 デジタルアーカイブの資格認定機関を持つ岐阜女子大学の主催で実施された研究会。参加してまいりました。今回後で報告する、大垣でのi-padアプリ作成者とコンタクトをとり、実地検証するのが目的で、出向いたのですが、そのついでの研究会も、非常に実り多いものになりました。

 で、発表は玉石混交。しかしとんでもない玉がごろごろ。

 一つ目は、株式会社コンテンツの4億画素のデジカメ(とは言わないようで、センサーといってましたが)。これすごすぎる。

 たとえば、まあ名古屋城の天守閣を遠くに望んで写真を撮ったとするじゃないですか。

でも、パソコンなどに取り込んで拡大しても、ボヤボヤになるってもんでしょ。それが、ズームしていって、なんと言うか、お城の壁にはってある張り紙の字がシッカリ読めてしまうみたいな。そんなデジカメ(センサー)なんですよ。これ赤外線バージョンみたいなのもあって、画像は浮世絵ですが、押し型でつけた着物の模様(これ浮世絵の専門家でも知らない人が居るそうです)まで写ってしまう。で、この技術をi-padアプリに使っちゃってるわけで、国立国会図書館の古文書アーカイブの仕事なんかもやってるらしい。

1565634_img

 色も入ってないけれど、これで独特の雰囲気が出ているそうです。私浮世絵、好きなんですが、知らなかったです。i-padアプリも僕たちがやろうとしていることとリンクしてました。

 そのほかにも、電子教科書やデジタル絵本、修学旅行と組み合わせた調べ学習教材、デジタル化された地域資料教材など、刺激的なデジタルアーカイブの応用例がオンパレード。遠くまででむいていってよかったという研究会でした。

1565631_img  

 参加者、こんなもんなんですけど。

 で、夜はこの方たちと、岐阜へ繰り出して(といっても柳ヶ瀬とかじゃないよ)、シッカリ交流。裏の情報から表の情報まで、色々参考になることを仕入れてきました。

 さあて、これをどう応用していくか。頭フル回転ですね。

 

|
|

« 山中湖創造館 その2 | トップページ | 仔ヒツジどんどん産まれています »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/38935408

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルアーカイブ研究会:

« 山中湖創造館 その2 | トップページ | 仔ヒツジどんどん産まれています »