« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

トンネル鉄橋しゅっぽっぽ

 愛知、岐阜の県境にあるトンネル群を観光資源化している、愛岐トンネル保存再生委員会の方たちの、見学視察を受け入れました。といっても案内してくださったのは、諏訪鉄道クラブの樋口さん。

1585830_img

 総勢30名ほどの団体を、旧国鉄の鉄橋と、トンネル(姥沢トンネルなど)をご案内。

1585828_img 1585833_img

 とはいえ、結構崩落などが進んでいて、中に入る事はちょっと危険。入り口付近の見学にとどめました。決死隊が一応崩落部分を見てきましたが、どこが壊れてもおかしくない状況とのこと。レンガの緻密さが、本場愛知(瀬戸などがある)に比べると、いまいちとのことで、そのあたりが保存を難しくするだろうとのことでした。

 見学した皆さんの感想は・・・

 ・愛岐トンネル群がすばらしいことがわかった (T_T)

 ・崩落はひどいがお金をかければ保存は可能 (T_T)

 といったもの。まあ当たり前といえば、当たり前。

 そうそう、このご縁は、トヨタ財団の助成をいただいたつながりでした。なにかいい方向へ進まないかなぁと、今日は願望のみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

野反湖

 はい、今日はちょっと箸やすめです。

 前回の群馬県の中之条町の赤岩集落を訪ねた際に、ついでに寄った場所です。何年か前に、ビーパルと言うアウトドア雑誌で、気持ちのよいキャンプ場で、日本一になった野反湖というところ。ご存知の方は・・・たぶん少ないのではと思います。もう20年近くまえから訪れています。その雑誌に載って、ちょっと観光客が増えた感じはしましたが、今回行ってみて、殆ど以前と変わらぬ風情。

 こういう場所がすきなんだよねぇ~。

 このままで、静かな場所であり続けてほしい場所です。

Im000021

Im000032

Im000015

Im000016

Im000000

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

養蚕家屋:赤岩集落

 前々から気になっていた、群馬県の旧六合村(現中之条町)にある、赤岩集落を訪ねてきました。ここは重要伝統的建造物群保存地区にも選ばれてるところで、長野県で言えば、妻籠とか奈良井とかああいう場所と同じです。

Im000040

 建物は3階建てで、お蚕さんを飼うためだけに特化している建物です。1階の軒に下駄を履かせた感じで、2階3階と床面積が広がっている、そんな建物です。こういうものが、何軒も集中して残っているのが赤岩集落です。

Im000041

 ルートの整備や、ガイドの養成などはそれなりに行われており、また、軽食が取れるような場所も、村の中に一軒あります。でも、立地からか、とてもひなびた普通の集落で、そこがいいんですね。妻籠だ奈良井は人でいっぱいですから。

 この日、日曜日だったんですが、ガイドを頼んでいるお客さんは2組とかで、暑い昼下がり、集落はひっそりと息づいていました。

Im000042

Im000039  

 観光という点から言うと、この建物群は、非常に地味です。そして今も、保存というところではなく、実用として(住んでいるということ)の面が強いです。幹線道路からちょっと奥に入っているというのも、残った要因でしょうね。人を呼ぶということをあまり意識せずに、静かに残っていってほしい集落です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士見町内のウォーキングコース

Im000007  富士見町内のウォーキングコースを、実地踏査する催しが行われ、参加しました。当日は山梨大学の大山准教授もこられるとのこと。私たちも、山梨のまちミューの山本さん、伊那図書館の面々、富士見町公民館報編集委員から3名と最強のメンバーでのぞみました。

 で、直前に町長さんの発案で、マウンテンバイク(アシストつき)でめぐることになり、結構刺激的な踏査になりました。

 コースは、高原病院富士病棟、白林荘、原の茶屋桔梗屋~甲州街道~パノラマ~山頂駅~御射山神戸のヒツジ牧場、一里塚、八幡社と長いコース&坂道いっぱい。

 町長さんがスーパー体力だったので、みんな引っ張られて無事終了。

 面白い踏査になりました。私たちはそれなりにコース設定もすんでいるので、形にしていこうと思っています。これが町が考えたコースと、どう絡んでくるか・・・楽しみです。

Im000014

Im000012

Im000002

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高遠ぶらり 街中編

 高遠ぶらり、お城編は完成したので、今度は街中編ということで、現在の市街地に繰り出しました。

1585809_img_2  当日はこんなに集まって・・・凄いです。

  この日は、建築士の方々が何人か参加されたので、建物に関するお話がたくさん聞けました。ちょっと見には、古い建物が残っていますが、よくよく見ると、やはりあたらしい街なんだそうです。その辺の専門家としての見方が面白く、役に立ちました。

1585813_img

 こんな建物が、かつての花街に・・・。

Kc3p0056  伊那と高遠を結ぶ鉄道の計画があり、それを想像して描かれた絵がお饅頭屋さんに飾ってありました。

Kc3p0057

 これが街中でみられた看板建築といわれる様式だそうです。こういうのは割りと残っていました。

 街中編は、お城の鳥瞰図と違って創りやすいとのこと。どんどん広がっていきます。この調子で、伊那谷~諏訪へとこの動きが広がることを・・・祈ってるんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヒツジの毛刈り

 今年の毛刈りは全部で10頭。さすがにイベントとしてやるのには、頭数が多すぎます。なので、今年はプロ志向(?)の人のみで、ガツガツ刈ったのでした。

 こんな感じという雰囲気だけお伝えします。

 ひとりでおさえて刈るという方法より、2人で組んでおさえる人と刈る人という感じで

やったほうが能率がいいことがわかりました。なのでさっそく採用。ちょっとヤワですがまあ、能率一番ということで・・・。

 来年はイベントで復活の予定です。

Im000008

Im000004

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »