« love book うえだ カタリベカフェ | トップページ | 富士見 ウォーキング下見 »

千代田図書館

 かねてから行きたかった、東京の千代田区立図書館に行ってまいりました。

                      

 こんな感じの高層ビルの9~10階が図書館になっています。そこから下は千代田区役所、上は国の合同庁舎です。で、エレベーターを降りると、小さなエントランスにコンシェルジェのおねえさんがおられます。

Concierge  

 画像は、千代田図書館提供なので人が映っていませんが、平日なのに結構な人でした。このコンシェルジェさんが、見学と言うことであれば案内してくださいます。エレベーターをおりるといきなり図書館内に入ってしまうので、なんとなく妙な気分です。

 やはり、ビジネス街にあるので、どうしてもビジネスマンが多く、そちらへの対応がメインの図書館と言う印象を受けますね。

Avcorner

 パソコンのある場所はこんな感じです。実際は満員ですよ。

Carrel

 これは、ご自慢のくつろげるイスだそうです。前館長の柳さんがセレクトされたとか。すわり心地は・・・とてもよかったですね。全体的にここちよい印象ももてたし、体感もしました。

 一番感心したのは、各ジャンルごとに書棚が分かれているのですが、そのどのジャンルにも、お勧め本のリスト(A4)が置かれていて、それがなかなかの内容なのですね。指定管理者の図書館なんで、やる気まんまんが伝わってきました。

  千代田図書館は特筆すべきことばかりなのですが、ひとつはweb図書館の事業でしょう。コンテンツの一覧表がありましたが、古典中心ですが、漱石、藤村、龍之介などなど満足できると思います。

 また、他の団体との連携展示もかなり力を入れており、千代田区に存在する連携する団体が、○○振興財団とか独立行政法人など大きな団体が多く、そこの広報予算も大きいので、立派な展示になっています。もちろんイベントとも組み合わせてあるし、うらやましい限りです。

 ちょっと寂しかったのは、児童書コーナー。写真は無人の時に撮ったものでしょうが、平日とはいえ夏休みなのに、広いスペースに女の子が一人で、オフィス街の図書館ならではの悩みがあるようです。なんでも住宅街がかなり離れたところにあるとかで、そちらの分館はそれなりににぎわっているそうです。

Kidsroom

 しかし、こどもむけの英語教材はかなりの充実。3ページにわたるお勧めコンテンツのパンフには、6歳以下、7~8歳、8~9歳、10~11歳、11~12歳、12~13歳、13~14歳、14~15歳とかなり細分化されたカテゴリのコンテンツが満載。こういうところは、地方の図書館では実現できないコンテンツでしょう。

 もうひとつ、面白かったのは、特別展示されてた戦争中の検閲された書物の原本です。あちこちに赤線が引っ張ってあり、検閲官のコメントなんかも書き込まれていて、「この作者は左傾思想が・・・なんたらかんたら・・・」みたいな感じで、非常に面白かったです。

 それと、神田の古書街との連携で行われてる展示コーナーでは、実際に展示品も購入できるとか。過去に取引が成立したこともあるそうです。

 とにかく、試みはたくさんありすぎて、あげ切れません。カウンターで新刊書籍の購入も出来る(三省堂書店と連携して)のも凄いです。

 10階にある食堂も眺めが抜群で安い。皇居の中が見渡せる感じです。こんかいの視察、かなり満足して帰ってきたのでした。

   

|
|

« love book うえだ カタリベカフェ | トップページ | 富士見 ウォーキング下見 »

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/41854172

この記事へのトラックバック一覧です: 千代田図書館:

« love book うえだ カタリベカフェ | トップページ | 富士見 ウォーキング下見 »