« 自律的発展:東京農工大との連携 | トップページ | 文化の沙汰も金しだい・・・なのか!? 豊田市立中央図書館 »

ヒツジの毛をコンテストに出してみた

 201206031804000

 毎号とっているヒツジの雑誌「シープ・ジャパン」に、ヒツジの毛のコンテストに応募してみませんかという記事が載っていました。京都にあるスピンハウスポンタとかいうところが募集してたんですが、あれ、これってもしかして松本のクラフトフェアに出てたところかな・・・。そんなことを思いましたが、とりあえず応募してみることにしました。

 6月の始めに宅急便でおそるおそる送ったというのが正直なところです。で、先日直接電話があり、品質としては、「送り返される」というところではなかったみたいで、一安心。その上、ホームページで売ってくださるとのことで、ちょっとびっくりでした。

売れるのかな~?って感じ。

 ヒツジの毛の品質って、全くわからなかったけれど、どうも、少しは自信を持ってもいいようです。応募者はベテランの牧場ばかりで、さすがに順位らしきもの(価格で比べるしかなかったので、そこから推測して)は、ブービー。マア初応募なので、こんなところか。

 スピンハウスポンタさんのHPはこちらです。

 うちの毛(フリースというらしい)は一番下にあります。

http://www.spinhouse-ponta.com/fleece/12_JapaneseFleece.html

 今までは、仔ヒツジが元気で育つような環境を作るのに、心を砕いてきたのですが、これからはちょっと毛の質を上げるような管理を勉強していきたいです。どうするんだろう?? いろいろ研究して、試行錯誤するということでしょうね。

201201221536000

|
|

« 自律的発展:東京農工大との連携 | トップページ | 文化の沙汰も金しだい・・・なのか!? 豊田市立中央図書館 »

ヒツジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/45781711

この記事へのトラックバック一覧です: ヒツジの毛をコンテストに出してみた:

« 自律的発展:東京農工大との連携 | トップページ | 文化の沙汰も金しだい・・・なのか!? 豊田市立中央図書館 »