« 最近びっくりしたこと がっかりしたこと | トップページ | ワンデイ 23年のラブスト-リー »

ワイルドだぜぇ~ とは正反対の直売所

 先日、駒ヶ根の方に用事で行ったら、こんな直売所がありました。

1616174_img

 そして、中はこんな感じ。

1616177_img

 小さな直売所にしては、おしゃれによくまとめてあります。

 隣接した畑にはハーブが植えられ、全体的に統一したコンセプトのようなものが漂っていました。

1616175_img

 いや~、自分たちの掘ったて小屋のワイルドすぎる直売所が恥ずかしい・・・普通ならこんな文脈へとつながるのでしょうが、そうではありません。

 実際どうなのかなと・・・そう感じました。

 この直売所を見たとき、なにかを勘違いしてる I ターンの人がやってるんだろうと思ったのですが、どうも地域の農家が共同で出資して株式会社を作ったようです。土地は誰かが提供してるんだろうけれど、建物はたぶん銀行あたりからの借り入れかなんかで建てたのでしょう。

 このパワーは凄いですし、たぶん売り上げとかは凄いのでしょう。

 お店番は若い女性で、パートさんのようで、受け答えはリゾート施設の職員を感じさせる、すっきりと都会的なスマートな感じでした。そう、プライベートでは、ヒーリング・ヨガかなんかやって、お香かなんかたいてるんでしょうね。

 何か聞くと、しきりに「うちの社長が・・・」と答えていたのが、カリスマ社長(農家)の存在を感じさせます。

 いいんですよ。こういう直売があっても。世の中いろいろあっていいんですから。それが多様性ちゅうもんですから。

 でも、なんか違うんだなぁ~。都会の人や、都会に憧れを持ってる人に媚を売って、お金を得るという、なんとも植民地っぽい感覚が、昨今地域づくりで大流行のマーケティングとくっつくとこうなるんだなぁと、そんな風に感じてしまったのでした。

 だって、このイメージ、都会の人が描いてる「カントリーライフ」とか「エコロジー」とか「スローライフ」とか「ロハス」とか、そんな風にしか取れないもの。ちょっと走ると、例のワイルドの極致、グリーンファームがあるから余計にそんな風に感じたのかもしれません。

 ジョゼ・ボヴェじゃないですが、マクドナルドを焼き討ち(解体)するような、やっぱ、そのくらいの気持ち、持ちたいですね。

 古いですが、「欧米かっ!!」とつっこんでおきます。

|
|

« 最近びっくりしたこと がっかりしたこと | トップページ | ワンデイ 23年のラブスト-リー »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/46300885

この記事へのトラックバック一覧です: ワイルドだぜぇ~ とは正反対の直売所:

« 最近びっくりしたこと がっかりしたこと | トップページ | ワンデイ 23年のラブスト-リー »