« まちみゅーガイドブック 諏訪の取材 | トップページ | まちミューガイドブック 岡谷版ゲラ »

まちミューガイドブック候補 初期中山道小野宿

 まちミューガイドブック作成の候補として、前々から気になっていた初期中山道の小野宿に行ってきました。

 初期中山道というのは、徳川幕府開びゃく時に街道関係の奉行だった大久保長安が作った道で、その後大久保が失脚して、現在伝わる道に変わったものです。といっても、変更されたのは、岡谷から贄川に至る間なので、ほかは従来通りというわけです。なぜ、そうなったのかは、諸説紛々ですね。

 で、岡谷の塩尻峠の手前から、川岸の方にそれ、小野峠という峠を通り、小野にくだり、牛首峠を越えて、日出塩におりて贄川宿に至ります。

 小野という場所は、初期中山道でも廃止され、中央線の塩嶺トンネルのおかげで、特急も走る主要幹線が通っていたのが、1両編成列車が一日十本あまりという超ローカル線になってしまったという2度の憂き目を見た場所なのですね。

 ですが、このところいろいろ動きがあります。

1636320_img

 これは、本陣前なのですが、「こめはなや」という農家レストランが出来、小野宿市などというイベントも行われ、活性化しています。ここでぜひ、ガイドブックを作りたいと思ったわけです。

 1636319_img

 こめはなやさんとは、むかしいろいろやった仲間なので、ちょっとごあいさつ。

 この日は、牛首峠を越えて、日出塩まで行きましたが、山里の風情がなかなか。

1636322_img

 ここが牛首峠です。

 そして峠から、少し下ったところに、林道入口があります。ここから看板に坊主林道とあります。この先に桑崎という廃村があるのですが、そこにも行ってみたい。(^O^)。

1636323_img

 これが、その林道入口の画像。

 で、日出塩の19号線への降り口は、なんとラブホ。トホホですが、仕方ない。

 そしてここに初めて初期中山道の看板が立っています。国道19号沿いですが、めちゃめちゃ目立ちません。1636324_img

 さあて、どう料理しましょうか。

|
|

« まちみゅーガイドブック 諏訪の取材 | トップページ | まちミューガイドブック 岡谷版ゲラ »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/47183792

この記事へのトラックバック一覧です: まちミューガイドブック候補 初期中山道小野宿:

« まちみゅーガイドブック 諏訪の取材 | トップページ | まちミューガイドブック 岡谷版ゲラ »