« 「惣菜畑」 地味な存在ですが、地元の方のこの感覚を見習いたい | トップページ | カンタ!ティモール »

命の水   集落の水はどこから来るの?

 集落の中に田んぼがあって、そのあいだを用水が流れているのは、このへんで普通の風景です。山の水をそのまま使っているところもありますが、ほとんどは「灌漑」という事業として、県や町が大規模に計画して、作られています。

 御射山神戸にも「神戸汐」と言われる用水によって、農業用の水が供給されています。今回このことに詳しく、この工事を実際に行った小林さんに案内していただき、用水を実地踏査してきました。

1626299_img

 神戸汐は、入笠山への町道の入口にある入笠会館(松目)のあたりの武智川から、延々と水を引いてきています。そして、これにはもうひとつカラクリがあります。

 実は、この用水は江戸時代に作られたのです。今は改修されたものが残っていますが、もともと御射山神戸が程久保川という川の利水権を与えられ、そこから引くのが地形的に難しいため、武智川から引いている形になっています。そして、程久保川の水が、武智川の神戸汐の取水口よりかなり下流に流れ込むような用水が出来ています。そこで帳尻を合わせているのです。知識としては、わかっていましたが案内してもらって初めて、合点がいくことでした。

 また、御射山神戸は天竜川水系、程久保川と武智川は富士川水系、富士見峠という分水嶺を越えてほかの水系から用水をとっているとい言うのも、全国的に非常に珍しいそうです。

 途中には、各集落、大平、松目、若宮、とちの木、木の間などへの分水があります。

1636307_img_2 

 1636306_img

 何気なく流れているように見える水も、こういった長~~い旅をしてきてるのですね。改めて、昔の人の偉大さを・・・知りました。

|
|

« 「惣菜畑」 地味な存在ですが、地元の方のこの感覚を見習いたい | トップページ | カンタ!ティモール »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/46995318

この記事へのトラックバック一覧です: 命の水   集落の水はどこから来るの?:

« 「惣菜畑」 地味な存在ですが、地元の方のこの感覚を見習いたい | トップページ | カンタ!ティモール »