« まちミューガイドブック 岡谷版ゲラ | トップページ | まちミューガイドブック 入笠山の下見と打合せ »

まちミューガイドブック 境地区・井戸尻の取材

 まちミューガイドブックの富士見町内での取材が始まりました。毎日何らかのまちミュー絡みがあり、非常に忙しんですが、楽しい悲鳴でもあります。

 町内では、井戸尻周辺と、蔦木宿、入笠山山頂付近、御射山神戸の4冊を作る予定でいます。今回は井戸尻周辺。まずは、境の公民館。これは、むかし村役場だったところです。たまたまいらっしゃった区長さんに内部も見せていただきました。

1636329_img

 こうやって写して見ると意外に立派です。中も見れるといいなぁあって感じですが。

 井戸尻と境では、獅子の口の湧水、瀬戸観音、池生神社など見所も満載です。また、井戸尻考古館の展示と(郷土資料館も)、その周辺で縄文的な農の展開をしている八ヶ岳自然農学校など、取り上げることがいっぱい。

 池生神社も写真に撮ると趣がありますね。

1636330_img  

 結構石段長いんですよ。

 このあと、井戸尻考古館の取材を前に、元館長の武藤さんにインタビュー。縄文の遺跡発掘のお話をじっくりお聞きしました。

 風景や史跡だけでなく、こういった縄文の精神まで伝えられたら・・・とちょっと欲張りでしょうか?

 このあと、考古館と郷土資料館の取材を実施して、ガイドブックができていくわけです。

|
|

« まちミューガイドブック 岡谷版ゲラ | トップページ | まちミューガイドブック 入笠山の下見と打合せ »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/47214810

この記事へのトラックバック一覧です: まちミューガイドブック 境地区・井戸尻の取材:

« まちミューガイドブック 岡谷版ゲラ | トップページ | まちミューガイドブック 入笠山の下見と打合せ »