« まちミューガイドブック 境地区・井戸尻の取材 | トップページ | 熟議ってなんだ? 「人々の声が響き合うとき」 »

まちミューガイドブック 入笠山の下見と打合せ

 まちミューガイドブック入笠版は、湿原周辺の植生や花とともに、法華道という山越えの道が重要なポイントになります。この日は、山彦荘にて、法華道を再生した伊那の北原さんも交えての打合せです。大体のコース設定と取り上げるポイントを洗い出します。

 仏平峠、首切り清水、白蛇様などの昔からの史跡に、高座岩、夫婦岩、テイ沢などの法華道関係の史跡が絡みます。

 1636341_img

 この白蛇様はなかなか迫力があります。

 この他にも入笠山はとにかく雰囲気のいい山ですので、いろいろいいところがあります。ここなんか、一番のお気に入りですが、角度によってバックに北や中央のアルプスが見えていい景色ですよね。

1636340_img

 10月に入っての取材ですが、これもできあがりが楽しみです。

|
|

« まちミューガイドブック 境地区・井戸尻の取材 | トップページ | 熟議ってなんだ? 「人々の声が響き合うとき」 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/47214943

この記事へのトラックバック一覧です: まちミューガイドブック 入笠山の下見と打合せ:

« まちミューガイドブック 境地区・井戸尻の取材 | トップページ | 熟議ってなんだ? 「人々の声が響き合うとき」 »