« タルコフスキーの「ストーカー」 | トップページ | 日本緬羊研究会で滋賀県に・・・ その1 »

秋の甲州街道ウォーキング

 町主催の甲州街道ウォーキング。そこそこ人も集まって、秋晴れの中、無事終了しました。御射山神戸の一里塚から、蔦木の道の駅までという結構な長丁場です。

1636397_img  

 御射山神戸から原の茶屋のあいだに、地元住民が植えているサルビアが綺麗でした。

1636400_img

 私たちは、御射里の会で富士見公園の“にわか”茶屋をやらせていただきました。

 提供したものは、ルバーブのジャムと、ブルーベリーのジャム、クリームチーズ。そして、それをつけて食べるパンとクラッカーなどです。すずらんの里駅に9時半集合、10時に一里塚を出発して、11時ちょっと過ぎに富士見公園。皆さん結構小腹がすく頃です。お茶も用意してあったので、結構な人気に・・・。ルバーブとブルーベリーの混合ジャムに人気が集まったようです。

1646401_img

 今回のウォーキングは、先導役はつきましたが、説明役はおらず、自由に歩くスタイルで、それぞれのペースであるかれていました。それでも参加者の方々、おいしい食べ物が随所で振舞われたりしたので、とても楽しそうでした。

 協力する方も、しがいがあります。だいぶ定着してきましたね。町の観光担当の皆さんご苦労様でした。

|
|

« タルコフスキーの「ストーカー」 | トップページ | 日本緬羊研究会で滋賀県に・・・ その1 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/47546852

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の甲州街道ウォーキング:

« タルコフスキーの「ストーカー」 | トップページ | 日本緬羊研究会で滋賀県に・・・ その1 »