« 秋の甲州街道ウォーキング | トップページ | しぶとくやってるふうな映画館 塩尻の東座 »

日本緬羊研究会で滋賀県に・・・ その1

 毎年日本各地で開かれている、日本緬羊研究会の研修会。今年は滋賀県の近江八幡市で開かれました。ちょっと遠かったのですが、ついでがありましたので参加したというところ。

 一日目は、近江八幡で、耕作放棄地へのヒツジ・ヤギの放牧と草地管理という講習会。ただ単に、雑草を片付けるためという目的だけで放牧すると、だんだんヒツジが痩せていってしまうと言う至極当たり前な話です。しかし、意外に耕作放棄地対策をしている人には、わからない話。栄養不足がボディブローのようにきいてしまうんですね。ただ飼っていくだけならばいいのですが、繁殖を考えたりすると痛い目にあいます。

 耕作放棄地がきれいになるという視点だけでなく、積極的な牧草地作りということが必要になります。こういった非常に身近な問題・課題が的確に示されて、大変参考になりました。

 2日目は見学会です。まずは、滋賀県畜産技術振興センターのふれあい牧場を見学しました。比叡おろしだとか比良おろしとかそんな風が吹く、非常に広大な敷地にの一角に、ヒツジを中心に、ミニブタ、ヤギ、馬、ポニーなどが触れ合えるような形で放牧されています。

Kc3p0223

 滋賀県がやっているので、あまり商売っけはありませんが、地元の小学校からバスで見学に来るそうです。

Kc3p0219

 こちら、筋金入りのヒツジお宅のご一行様です。大学の先生や、家畜試験場の技師の方たちが多く、いつもとても役立つ情報を頂いています。で、この滋賀県の施設は建物がなかなかいいんですね。そんなに古くはないのですが・・・。

Kc3p0224

 雰囲気出てますよね。

|
|

« 秋の甲州街道ウォーキング | トップページ | しぶとくやってるふうな映画館 塩尻の東座 »

ヒツジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/47546983

この記事へのトラックバック一覧です: 日本緬羊研究会で滋賀県に・・・ その1:

« 秋の甲州街道ウォーキング | トップページ | しぶとくやってるふうな映画館 塩尻の東座 »