« 新潟視察② 越後妻有のランドアート | トップページ | 市町村がつくる観光パンフレット 考 »

新潟視察③ 環状集落 荻の島 

 新潟視察最後の場所は、高柳のじょんのび村のすぐそばにある、荻の島という集落です。

09

 私は、まあ、全国各地の山奥集落やひなびた山村などが好きで、いろいろ訪れていますが、たぶんここがピカイチでしょう。手前の2棟は、宿泊のために、新たに建てられた茅葺きですが、わざとらしいのはこの2棟のみ。あとの茅葺きは、あまり保存が進んでいるとは言えない、いわゆるすっぴんです。

 中にはトタンをかぶせている家もありますが、いずれも生活感が強く漂う、「濃い」建物。入り口付近で、おばあさんが日向ぼっこしていたりして・・・。

 この集落、形がとても面白いです。後ろに黒姫山というちょっとした山をしょっていて、その麓に、まあ耕地もあるのですが、丸く環状に家が配置されていて、その真ん中に田んぼがあるのです。これが独特の景観を醸しています。

11

 で、地域おこし的に、宿泊施設を作ったようです。結構立派なので、助成金が出たのでしょう。これがそうですが、ちょっと「かぶとづくり」風です。ここにちょうど管理人お方がおられましたので、お話を伺いました。

 だいたい2mから3mの積雪があるとか。わっ、これは大変です。で、高齢化、域外(柏崎市街や新潟市街)への移住も増えており、昨年茅葺きを2棟潰したそうです。また、I ターンの話もちらほらはあるのだけれど、実現には至っていないそうです。集落の維持のためには、若い人が必要なのだけれど、なかなかうまくはいってない、そんな感じです。それでも、来年、ちょっと外れた奥の方にある茅葺きを、環状の方に移築するなんて話も出ているそうで、まだまだ元気です。

12

 このお宅は管理人さんの自宅。サッシとかは改良したけれど、とても寒いそうです。

 話の中で、私たちが八ヶ岳山麓の街からきたことを告げると、「テレビで観て、たくさん移住者がいてとても羨ましい」とのこと。私はもうあんまり来ないほうがいいと思っているので、曖昧に答えましたが、地方の中でも、格差が結構出てるんですね。

 八ヶ岳周辺に集中してるのは、マスコミの情報に踊らされてるって感じですし、移住者同士の変なコミュニティも出来ていて、「おまえらなに群れてんだよ」と映画:「下妻物語」の土屋アンナのように言いたいくらいです。そんな話もしたのですが、必要なところに、人が行かず、人気の場所は過剰に入っているんですね。

 最近、うちの奥さんは、富士見もなんだか賑やかになってしまって、ウザったいからもうちょっと、引っ込もうなんて言ってます(苦笑)。

 最後にもう一軒。

13

 そして、こんな感じの生活がそこにはありました。

 素晴らしい集落に出会えて、とても嬉しかったです。

|
|

« 新潟視察② 越後妻有のランドアート | トップページ | 市町村がつくる観光パンフレット 考 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/48129746

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟視察③ 環状集落 荻の島 :

« 新潟視察② 越後妻有のランドアート | トップページ | 市町村がつくる観光パンフレット 考 »