« 小野宿で講習会 | トップページ | ドライヴ こういう映画もたまには観ます »

小野宿あるき 前半

 小野での打合せの午前中は、小野あるきと称して、スタッフで下見を行いました。地元のオーガニックカフェ「こめはなや」さんが推薦のコースです。まあ、推薦者が推薦者だけに、迷うようなコースで、後で、「面白かったでしょ」・・・そんな感じです。

Photo_4

 まずは、小野駅。ちょうどいい電車がったので、鉄道を利用しました。

Photo

 前日まで走っていた、ある型の電車が引退し、今日が新しい電車の初日とかで、ワンマン化されるようで、JRの職員さんが出口で説明していました。この赤い電車から、ちょっとモダンな電車に変わったようです。

Photo_3

 駅では、このかわいい電車の写真の展示コーナーがありました。

 Photo_2

 なんか惜しいです。たぶん、そうあちこちにある電車じゃないんでしょうね。

 で、まず、吉田晁記念館。ここが前回訪れた時には閉館(土日休日しか開いていない)してて見られなかったのですが、今回は開館中。案内の方がいて、結構詳しく案内してくれます。ここに来るまで、筑摩書房の創設者という情報しかなかったのですが、文人との交流の広さなど、日本の文学への貢献度が半端ないことがわかりました。

 特に太宰治と親しかったらしく、そのいろいろなエピソードには驚かされました。う~~ん、隠れた名所ですね。こう言うのは、掘り起こせば深いので、いいポイントになるでしょう。家の作りも凝っていて、お金持ち風で(親が興した会社の利益で出版社を立ち上げたらしい)いいです。これは2階の渡り廊下。

Photo_5

 ここから、小野神社に向かいます。これは後半で・・・。

 

|
|

« 小野宿で講習会 | トップページ | ドライヴ こういう映画もたまには観ます »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/50887645

この記事へのトラックバック一覧です: 小野宿あるき 前半:

« 小野宿で講習会 | トップページ | ドライヴ こういう映画もたまには観ます »