« 「僕たちの前途」(古市憲寿) それって、あるんだかないんだか | トップページ | ブックカフェ開催 »

犬の役割

 先日になりますが、12年間飼っていた我が家の犬が、死にました。まあ、これはこれで悲しい出来事です。

Im000028

 1303058_img

 ボーダーコリーという種類で、牧羊犬として有名です。マザー牧場なんかで、ヒツジを追っているのは、この子です。死因はガン。前立腺ガンが膀胱と大腸に転移していて、典型的な末期ガン。なんか歩き方が変だなと思っているうち、1週間くらいでよろよろするようになり、獣医さんに連れて行ったのですが、すでに手遅れ状態。診察から1週間で・・・・あっけない最後でした。前立腺ガンが転移なんて、全く人間並みです。

 最後は多分からだじゅうに転移してたのでしょう。しっぽなんか、イカの足みたいにいぼいぼでした。

 で、なんで、鳥獣害のテーマなのかというと、よく吠える犬だったので、その効果についてです。犬がいなくなってしばらくすると、今まで、絶対こなかった、家の前庭にまで、シカが出るようになったのです。今までは、近づくと犬が吠えていたので、来られなかったのでしょう。こらはそれなりにゆゆしき事態です。犬の効果ってのがしっかりあったんですね。

 そして、こっちはいいことなんですが、裏の林に住んでいるリスの家族が、窓のすぐそば、濡れ縁のところまで、走り回るようになりました。これはかわいい。でも、よくよく考えると、リスは野生動物。結局、犬が今までは、リスを遠ざけていたんですね。

 この先、まだ未定ですが、犬を飼っていないと、シカ、イノシシ、しいてはクマなんかも寄せ付けてしまうんじゃないかなと・・・・心配しています。犬の実力を思い知りましたね。

|
|

« 「僕たちの前途」(古市憲寿) それって、あるんだかないんだか | トップページ | ブックカフェ開催 »

有害鳥獣対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/50686093

この記事へのトラックバック一覧です: 犬の役割:

« 「僕たちの前途」(古市憲寿) それって、あるんだかないんだか | トップページ | ブックカフェ開催 »