« ルバーブの植え付け | トップページ | 「あぶらげ巻き」と「つと豆腐」 その2 »

「あぶらげ巻き」と「つと豆腐」その1

 先日機会があって、地元に伝わる郷土食を再現するのを取材できました。地域の精進料理「あぶらげ巻き」と「つと豆腐」です。

 今日は、「あぶらげ巻き」の方の紹介です。もともと、お葬式の際に作られる料理ですが、昨今はJA会館などで葬儀を出すようになり、ほとんど作られていません。今回作ってくださった方も、久しぶりでできるかな・・・といった感じでした。

 「あぶらげ巻き」が作られているのは、富士見の御射山神戸あたりから、茅野市の金沢、原村の菖蒲沢あたりのごくごく限られた地域です(立沢や乙事でもやっているという情報もありましたが)。この「あぶらげ巻き」「つと豆腐」「鯉の煮付け」が3種の神器のような感じで、お葬式のときに作られたのです。

 さて、今回は詳細に取材しましたので、作り方から。

 まず材料はこのとおり。

67

 左側が「つと豆腐」、右側が「あぶらげ巻き」です。

 レシピはこのシリーズ最後に載せますね。

 まず、あぶらげを湯どおしします。

 48

 そして、開いて、練った小麦粉を塗りつけます。この時、のりしろのようなところを作るのがこつ。

45

 30

 野菜を載せて、

 27

 ぐるぐる巻きにします。

26

 かんぴょうで結んで、

 23

 出来上がり

 19

 これを濃い醤油味で、コトコトに煮込みます。

12

 これが煮しまったやつ。しょっぱそうで、おかずに最適かも。

09

 こうやって、切ると、金太郎飴状態で、綺麗です。

10

|
|

« ルバーブの植え付け | トップページ | 「あぶらげ巻き」と「つと豆腐」 その2 »

循環の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/51706837

この記事へのトラックバック一覧です: 「あぶらげ巻き」と「つと豆腐」その1:

« ルバーブの植え付け | トップページ | 「あぶらげ巻き」と「つと豆腐」 その2 »