« 古きをたずねて新しきに・・・ 「あさま山荘1972」(上・下・続)を読んで | トップページ | マンクスがいた!! 岐阜の宮本牧場 »

「眺めのいい部屋」 こういうのもたまにはいい

 いや~~、この映画、また見れるなんて思わなかったです。もちろん、塩尻の東座であります。「8月の鯨」といい、この映画といい、往年のいい映画がリバイバル上映されるのは非常にいいことです。このあと「アナザーカントリー」も控えています。「バベットの晩餐会」なんかもリバイバルしてほしい。
Photo_3

 物語は単純で、伏線なんてものも、ほとんどありません。イギリス中流階級のお嬢さんが、イタリアの開放的な空気の中で、自由に目覚めていくという、単純なストーリー。ほぼ決まっていた許婚をポイして、自由奔放に生きている、ちょっと階級の下(労働者階級)の、魅力的な男性と恋に落ちるというもの。

 が、どっこい、このお約束っぽいストーリーを、役者陣でそこは濃厚な出来に持ってきています。監督はこの手の文芸路線やらせたらピカイチのジェームズ・アイヴォリーですから、もういうことないです。若き日の、ダニエル・デイ・ルイス、ジュリアン・サンズ。ふくっれつらを見せてくれる、ヘレナ・ボナム・カーターなんてかわいいったらありゃしないよ、まったく。そんな役者陣の青っぽい演技を観るだけでも価値があるってことですね。
 

 とにかく、少女まんがチックな内容なんだけど、こういう単純な筋の映画も・・・というより単純でわかりやすいから後世に残るんじゃないのかな・・・そんな風に思いました。
 ラストシーンはあまりにも有名なんだけど、フィレンチェの円屋根の寺院がよく見える、文字通り、眺めのいい部屋で熱烈なキスシーンで・・・いいねぇ、若いって。

|
|

« 古きをたずねて新しきに・・・ 「あさま山荘1972」(上・下・続)を読んで | トップページ | マンクスがいた!! 岐阜の宮本牧場 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/52046570

この記事へのトラックバック一覧です: 「眺めのいい部屋」 こういうのもたまにはいい:

« 古きをたずねて新しきに・・・ 「あさま山荘1972」(上・下・続)を読んで | トップページ | マンクスがいた!! 岐阜の宮本牧場 »