« ひつじの毛刈り | トップページ | カモシカ 現わる!! »

犬を引き取る活動をしている人たち

 私のところでは、つい最近までボーダーコリーという種類の犬を飼っていました。まだ12才だったのですが、ガン(なんと前立腺がんから膀胱、大腸に転移:人間並みです)でこの冬に死んでしまいました。

 で、山の中でもあり、番犬としてかなり有能だったので、いなくなると物騒ということで、新しい子を入れようかといろいろ調べていましたら、保健所などが保護した犬を、紹介してくれる、そう言う活動をしているところを知りました。その上、いろんな種類というわけではなく、ボーダーコリーだけ扱っているというのです。

 まあ、保護された理由が、吠えであったり、噛みぐせであったり、ブリーダーの崩壊(倒産のことですねきっと)による放置であったり、様々なのですが、そういう犬を引き取ることも、意味があるかなと、連絡をとって、先日岐阜の山の中まで見に行ってきました。

03

 久しぶりに、ボーダーのハッチャケぶりに、しばし感激、一緒に遊んできたのでした。

 この団体、ボーダーコリー・レスキューネットワークというのですが、全国に預かりの拠点のような会員さんがいて、いろいろ問題を抱えている引き取ったばかりのボーダーを、ある程度、家庭で飼えるところまでしつけて、里親さんを探すという活動をしています。まあ、ほとんどがトラウマを抱えている犬だし、ボーダーは臆病で神経質。もともと噛みぐせを持ちやすい犬種であることもあり、躾はなかなか大変なようです。引取りには、一定の金額が必要になるとか(去勢や避妊の費用=定額)。

 この日は、室内飼い(観察と躾という意味で、室内飼いが望ましいという条件の子が多い)でないと・・・というワンちゃんたちばかりで、里親にはならなかったのですが、このあともコンタクトをとっていくつもりです。いい出会いがあるかなぁ・・・。

|
|

« ひつじの毛刈り | トップページ | カモシカ 現わる!! »

ヒツジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/51972973

この記事へのトラックバック一覧です: 犬を引き取る活動をしている人たち:

« ひつじの毛刈り | トップページ | カモシカ 現わる!! »