« お次のガイドブックは、「富士見高原文学散歩」 | トップページ | ああ、また、この季節がやってきた »

オルグに行って、オルグされ・・・

 この季節、ガイドブックを作りながら、来年のガイドブックの計画や、資金の準備などを並行しながらやっていきます。ここ2日ばかり、来年度、ガイドブックを作ってくれそうな地域に、お話に行ってきました。

まだ、どうなるか分からず差し障りがあるので場所は載せませんが、そのうちのある箇所で、そこでやっている農家への小中学生の体験受け入れの話になりました。

 私たちはガイドブックの仲間を増やしたいという思いで出向いてゆき、そこはそこで、農家体験の受け入れを広げたいという思いで、話をする。

 そんな感じでやり取りしていたのですが、まあ、この活動は「ふるさと運動」みたいなもので、ちょっと古い大げさな言い方をすれば、一種の新左翼的なオルグとも言えるわけです。少し前から、ガイドブックの作成を進めるトークが、そんな色調になってきていたのでした。

 そして、今回、話に行って、逆に、そちらの話が有意義で(というか、待ち構えていたような、そんな感じも濃厚に漂っていましたが)、かえってオルグされちゃった・・・みたいな不思議な感じを覚えたわけです。

 それって昔もよくあったような・・・(笑)。そんな感じを覚えて帰ってきました。

 もちろん、双方の活動ともに、なんとなくうまくいきそうな雰囲気ですが。

|
|

« お次のガイドブックは、「富士見高原文学散歩」 | トップページ | ああ、また、この季節がやってきた »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/52639112

この記事へのトラックバック一覧です: オルグに行って、オルグされ・・・:

« お次のガイドブックは、「富士見高原文学散歩」 | トップページ | ああ、また、この季節がやってきた »