« 「1968」 上    | トップページ | 諏訪の温泉 »

ガイドブック蔦木宿の取材が始まりました

 信州わくわくフットパスガイドブック、いよいよ富士見町内の取材が本格化してきました。この日は、甲州街道蔦木宿の取材です。街道筋独特の風物や甲斐国の影響など、なかなかユニークな事物が多いようです。

 まずは、長老からお話を伺います。

02

 「元気を出すぞ蔦木宿の会」で、いろいろなことを実施している名取さんです。今までの活動や、これからの取り組みなどをうかがいます。あまんどう並木の復活や、梅畑の復活、赤米の栽培など話はつきません。

 そして、下蔦木の真福寺さんへ行き、住職にお話をうかがいます。ここは、甲州の影響下に有り、七面様なども祀られています。

05

 村の小さな神社に、「安産水」なども訪ねました。

04

03

 安産水は、石造りの亀のくちからでていて、この水を飲むと、安産になると言われています。

 こんな感じで、あちこち取材して歩くのでした。暑くなってきたので、バテますが・・・。

|
|

« 「1968」 上    | トップページ | 諏訪の温泉 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/52376793

この記事へのトラックバック一覧です: ガイドブック蔦木宿の取材が始まりました:

« 「1968」 上    | トップページ | 諏訪の温泉 »