« 御射山神戸にゆかりの本?「アイ・アム・ヒッピー」 | トップページ | 今更ですが・・・「風立ちぬ」 »

サロンえんがわの片付け

  昨年、閉鎖となったサロンえんがわですが、いよいよ農協の建物を取り壊すことになり、とりあえずおかせてもらっていた荷物や、改造をした床や書棚を取りはずさねばなりません。で、1日かけて本を運んだり、床をはがしたりしました。

04_2

 助成金をいただいて改造したわけですが、都合あわせて5年の命でした。もう少し、農協店舗はがんばると見ていたのですが、とにもかくにも残念です。
 本の行き先も、いろいろと考えたのですが、なかなか難しく、一部は、近隣で同じような活動をしている子供文庫へ、残りは自宅に引き取り、必要でないものはネットオークションなどで処分します。どちらにしてもまあ、大変なことです。

 床や壁は、はがせるところははがし、だめな部分はそのまま引き渡すつもりです。で、はがし始めたのですが、いまどきの建造物は接着剤がふんだんに使われていて、くぎをはずしただけでは、はがれません。それに、インパクトドライバーでやたらに打ち込んであります。願わくば、廃材を小屋の材料などに使おうと思っていたのですが、無駄な骨折りになりそうです。それに、シックハウスみたいな状態で、1日作業したため、具合も悪くなるし・・・。作業をしながら、なんだかむなしくなってしまいました。

 歴史なんてこんなもんなんですね。造って、壊す、この繰り返し。そんなことを思ったわけでした。

|
|

« 御射山神戸にゆかりの本?「アイ・アム・ヒッピー」 | トップページ | 今更ですが・・・「風立ちぬ」 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/53226705

この記事へのトラックバック一覧です: サロンえんがわの片付け:

« 御射山神戸にゆかりの本?「アイ・アム・ヒッピー」 | トップページ | 今更ですが・・・「風立ちぬ」 »