« あぶらげ巻き 講習会 | トップページ | 御射山神戸にゆかりの本?「アイ・アム・ヒッピー」 »

諏訪の隠れ里 後山

 諏訪市の湖南に後山という地区があります。この後山と板沢、青木沢という地区は、諏訪市から峠を越えた辰野側にあるんです。諏訪市豊田の上野地区と同じ形になります。前からたま~に通ることがあるときに、不思議な地区だなと思っていたのですが、今回、ガイドブックが作れるんじゃないかと思い、下見に行ってきました。

 有賀峠から、横に尾根をたどる形で守屋山方面に向かったところが後山です。峠から結構ありますが、下の集落(箕輪町長岡)から入っても、同じような感じです。まさに隠れ里・・・ですね。

 もともと新田集落ではあるらしいのですが、近くにある金山(真志野金山)のために何処かから連れてこられた技師の末裔なんて話もありますね。

 集落は30戸と非常に小さいですが、1000mの標高に小さな盆地上の耕地が広がっています。

 で、なかなかいいものを発見。

04

 廃校になった分校のあとです。なんとも素敵な建物で、いい感じです。

 で、そこを見下ろすような村の神社です。手入れが行き届いていて、村に住む人の心がわかります。

02

 ぜひ、ガイドブックに取り上げたいなぁ・・・と思っています。

|
|

« あぶらげ巻き 講習会 | トップページ | 御射山神戸にゆかりの本?「アイ・アム・ヒッピー」 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/53130683

この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪の隠れ里 後山:

« あぶらげ巻き 講習会 | トップページ | 御射山神戸にゆかりの本?「アイ・アム・ヒッピー」 »