« 「街場の憂国論」 内田樹 | トップページ | 今年のニュース »

ヒツジの下牧

 下牧と書いて「げぼく」と読みます。放牧してあるヒツジを舎飼い(牧舎で飼うこと)にすることで、本当は、こんなに遅くなく、10月終わりくらいにやるものなのですが、うちでは、そんなに冬の餌を作れないので、もう雪が降るまで、放牧しているのです。

 牧場はあちこち分散していますので、ヒツジを連れてあちこち移動することになります。

201312231219000


  こんな感じです。

 のんびりそうに見えますが、あしもと凍ってて、ヒツジもあんまりいい気持ちではないでしょう。私も大変です。

 これから、刈り取ってある干し草と、購入した肉牛用の餌とで冬のあいだを過ごすわけです。季節の恒例行事ですね。

201312231217000

 

 

|
|

« 「街場の憂国論」 内田樹 | トップページ | 今年のニュース »

ヒツジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/54409620

この記事へのトラックバック一覧です: ヒツジの下牧:

« 「街場の憂国論」 内田樹 | トップページ | 今年のニュース »