« 映画「ある精肉店のはなし」 これは絶対見るべし | トップページ | 「民主と愛国」 読みごたえ十分 »

かぼちゃの種

 この土地で農業の真似事をはじめて、はや10余年が立ちます。最近になってやっといろんなことがうまく回ってきたような気がしています。そんな中、栃木で畑をやっていたときに、茨城の山中の自家用畑で友人が見つけ、種を継いできたかぼちゃがあります。七会村というところで見つけたので、七会スペシャルと呼んでいましたが、そのかぼちゃを当地に持ってきて、育てていました。うちの周りはあちこちでかぼちゃを作っているので、交雑が激しく、今までも、1回だけ栃木から種を更新してもらったことがあるのですが、今回もあまりにもかけ離れてしまったので、送ってもらいました。

Img_7128


この写真の、両端がとんがっているのがもとの形。丸くて点々があるのが、変わってしまったものです。もともと七会スペシャルはホクホクとして栗系のかぼちゃなのですが、変わってしまったものも結構おいしいものです。で、今回取り寄せたものは、友人が近所にも同じかぼちゃを作ってもらって、隔離的に作っているのですが、なんだかおいしくない。うちで交雑したものの方が、肉厚でホクホクしながらもねっとりとして、甘味も強く非常においしい・・・という結果になりました。まあ、うちのものは、たぶん一代交配っぽいものも混ざっているし、形質も安定せず、このまま種を取りつづけていいものかどうか、迷うところなのですが・・・。どうしたものやら・・・。

|
|

« 映画「ある精肉店のはなし」 これは絶対見るべし | トップページ | 「民主と愛国」 読みごたえ十分 »

循環の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/54732237

この記事へのトラックバック一覧です: かぼちゃの種:

« 映画「ある精肉店のはなし」 これは絶対見るべし | トップページ | 「民主と愛国」 読みごたえ十分 »