« マージナルな存在が社会を動かす 「漂白される社会」 | トップページ | デザインってほんとに必要なの? 青柳駅の実態 »

点と線プロジェクト 千賀先生講演会

 

Img_7135


 点と線プロジェクトで、神代地区が棚田にとりくむこともあり、日本棚田の会の代表でもある千賀先生に、関連する講演会を実施しました。千賀裕太郎先生は、東京農工大学の元教授で御射山神戸の地元学や、富士見町内でのフィールドワークでお世話になった先生です。とはいっても、あまり硬いものはということで、みんなでふるさとの歌を歌ったり、そんなところから、始まりました。お話の概要は、自然豊かな環境が子育てには必要で、そういう環境で育った子供が情緒豊かな大人になり、世の中をよりよき方向へと、動かしていくそう言った意味で田舎というのはこれから自信を持っていろいろな取り組みをしていくべきだ・・・ざっくりとですが、そんなお話でした。

 参加者もあれよあれよと60名近く集まり大盛況でした。こういった地道な活動も大切かなと思ったわけです。

|
|

« マージナルな存在が社会を動かす 「漂白される社会」 | トップページ | デザインってほんとに必要なの? 青柳駅の実態 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/54984245

この記事へのトラックバック一覧です: 点と線プロジェクト 千賀先生講演会:

« マージナルな存在が社会を動かす 「漂白される社会」 | トップページ | デザインってほんとに必要なの? 青柳駅の実態 »