« 村上春樹の社会的な仕事「約束された場所で」 | トップページ | 御射里の会から引き継いで:レンタルヒツジに引き合いが・・・ »

そろそろこういったのには辟易・・・・武蔵野プレイス

 行ってきました。久々の図書館です。それも話題の・・・・武蔵野プレイス。今まで、武蔵境などという駅は降りたこともなかったのですが、ちっちゃい駅だなぁと思っていたが、さすが東京、駅前は“おまち”でした。外観はこんな感じで、おされ(お洒落)。

Kc3p0042  

 で、中身はと言いますと、一階は自動貸し出し機がずらりとあり、その奥がカフェで、あとは雑誌と新聞など。ざわざわしているので、割と居やすい感じです。それと、新着図書と返却されたけど棚に返っていない図書の棚がスカスカだけれど見やすい感じでした。特筆は、予約図書コーナー。予約して、取り置きしたものがずらり。自分でやんなさいということですね。カウンターの仕事が見事に合理化されていました。

Kc3p0043

 メインは、地下一階。一般閲覧室です。ここは窓のない落ち着いたスペースと、一階からの吹き抜けの明るいスペースに別れてメリハリがついてます。窓のないほうは重厚なイメージで、「the 図書館」つう感じです。

 明るいほうに 郷土資料がありました。これは特筆なのですが、多摩信用金庫というところがとてもいいブックレットをたくさん出していて、非常に文化的な郷土資料がたくさんそろっていました。

Kc3p0045

 地下2階は子供たちのスペースになっていましたが、ワイワイガヤガヤしてる割に、監視人みたいなのがいて、写真を撮ろうとしたら、「ここは撮影禁止」とかいいながらすぐとんできました。子供たちはスマホで写メやってたのですが・・・。大人はダメみたいです。

 3階は、実用書コーナーで、趣味やDIYなどの本。・・・・とここまで見て、書いてきて、なんだか疲れてきている自分がおりました。そうなんですこういう、予算がいっぱい使える都会の図書館を見ることに辟易してきている自分がおりました。

 最近、人口的にも手ごろな、人がそんなに多くない名古屋に行きつけているので、武蔵境あたりでも、なんだこの人の量は・・・と思ってしまうのです。

 

 そして、なんとなく自由をよそおっているものの、子供が走っていると「ここは走っちゃダメ」と注意したり、撮影禁止を言いに来た「監視人」の素早さ、役人然とした態度に、山中湖の創造館とは対極の思想を見たのでした。山中湖創造館は、走っていい日ってのがあって、その日は図書館で多少騒いでもいいんですよ。

 そんなことを感じて、今度は田舎の評判のいい、こじんまりとした図書館を見に行こうと思ったのでした。

Kc3p0047

|
|

« 村上春樹の社会的な仕事「約束された場所で」 | トップページ | 御射里の会から引き継いで:レンタルヒツジに引き合いが・・・ »

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/55858291

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろこういったのには辟易・・・・武蔵野プレイス:

« 村上春樹の社会的な仕事「約束された場所で」 | トップページ | 御射里の会から引き継いで:レンタルヒツジに引き合いが・・・ »