« 「ヤンキー経済」 何とも差別チックなタイトルですが、意外に真実を・・・ | トップページ | 山菜三昧 »

田んぼのもみまき

 今年から、自分で田んぼのもみをまいて、苗を育てることにしました。で、1週間ほど前ですが、やってみました。

 

 今までと同じやり方で、みのる式ポット植え用の苗箱を使います。近所でいらなくなったもの(田植え機で使えないもの)をもらってきました。まず、土を入れます。これは購入したもので、苗箱20枚なので、2袋で余りました。

Img_7218

 次に、機械だとでっぱりのついたローラーで押さえて植穴を作ったのですが、手作業なので、空の苗箱を土の入った苗箱に乗せて、上から体重をかけてやってみました。

Img_7210

Img_7211  

 

Img_7215

 うん、なかなかいい感じ。これにモミをまいて、覆土をします。

Img_7207

Img_7208

 で、近所にほんとにこのためにあるようなちょうどいい池があり、そこの一角をお借りすることにしました。そこに苗箱を伏せて、べた掛けの有孔ポリをかけただけ。実に簡単です。今日見てきたら、うまいこと芽が出てきました。種モミは20日余り、やはり近くの谷川の流水の中につけました。最後の1日30度くらいの、いわば、「お風呂」に入れます。こうすると、酸素がうまく補給され、かつ冷たい水なので、丈夫な苗になるそうです。

 で、ちょうどいい池に伏せたところ。

Img_7219

 種モミを丁寧にまいたので、そこに時間がかかりましたが、午前中で作業は終了。いろいろビニールやら保温材やら掛けなくてはいけないと思っていたので、こんな簡単だったら、最初から自分でやればよかったなと思った次第です。芽はざっくり出てきました。

 

|
|

« 「ヤンキー経済」 何とも差別チックなタイトルですが、意外に真実を・・・ | トップページ | 山菜三昧 »

循環の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/56085085

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼのもみまき:

« 「ヤンキー経済」 何とも差別チックなタイトルですが、意外に真実を・・・ | トップページ | 山菜三昧 »