« 下諏訪のガイドブックの取材 | トップページ | 稲の苗 »

金澤の歴史研究会をのぞいてみました

13

 宿場(といっても御射山神戸は間の宿ですが)つながりでもあるし、隣村でもある茅野市金澤地区。ここでもガイドブックを作ります。それで、地元の歴史研究会の人たちと一緒の町歩きに参加していたのですが、この日は、座学と言うことで、ちょっと緊張しての参加です。今、この研究会では、歴史的な史跡などを観光資源として掘り起こせないかということをやっていて、現地調査(これは私が参加した町歩き)をざっと3回ほどやって、その結果をまとめ、ポイントを絞り込んでいく・・・という作業を行っています。その絞込み、文献調査の結果をまとめる段階に参加したわけです。

 作業はプロジェクターで映し出した、それぞれの史跡の説明文をみんなで添削していくというもので、なかなか面白かったです。実地を知っているだけに面白いと言うこともありますが・・・。この作業この先も少しずつやっていくそうなので、また参加していきたいと思いました。本当に、すごいんですよ、歴史の重みが違って、金澤って。

|
|

« 下諏訪のガイドブックの取材 | トップページ | 稲の苗 »

郷土の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/56506749

この記事へのトラックバック一覧です: 金澤の歴史研究会をのぞいてみました:

« 下諏訪のガイドブックの取材 | トップページ | 稲の苗 »