« 文句なく 今年度ナンバー1 「ある過去の行方」 | トップページ | 日本映画「サッドティー」の意外な奥深さ »

下諏訪のソース味卵とじかつ丼

 下諏訪の取材をしている時に、前々から気になっていた食堂で昼食をとりました。そこは卵でとじたカツ丼のベースがソースと言うことでかねてから目をつけていたんですが・・・。カツ丼にはいろいろバリエーションがあって、ご飯+キャベツ+カツにどろどろソースを掛けたソースカツ丼、山梨のように卵とじは煮カツといって、ご飯とは別皿で出てくるところと地方によってさまざまなところがあるのですが、ソースベースの卵とじカツ丼ってのは聞いたことが無い。どんなのかなと思っていってみたわけです。

Kc3p0081


 で、お店でどれだか分からなかったのでソースで作った卵とじのやつと頼んだのですが、「そんなものありません。ソースのやつはソースカツ丼、卵とじのにはソースは入ってません」とつれない言葉。ええーぃままよと「普通のカツ丼」を頼んでみました。で、やってきたのがこれ。「焼きそば頼んでませんけど」と言う香りがぷんぷん。そうなんです。ウスターソース仕込みの卵とじカツ丼でした。店の人にその認識が無いところが面白いです。味は微妙でしたがうまいんですね、意外に。ご飯にもウスターが染み込んでいますが、これもいける。病み付きになりそうです。

|
|

« 文句なく 今年度ナンバー1 「ある過去の行方」 | トップページ | 日本映画「サッドティー」の意外な奥深さ »

フットパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/57186706

この記事へのトラックバック一覧です: 下諏訪のソース味卵とじかつ丼:

« 文句なく 今年度ナンバー1 「ある過去の行方」 | トップページ | 日本映画「サッドティー」の意外な奥深さ »