« 富士見西山取材 | トップページ | 「ウェス・アンダーソンのお仕事」 »

某大手鉄道会社からオファーが

Img_7204



 本日突然電話がかかってきて(まあ電話なんか突然かかってくるもんですが)、出てみたら東京の大手私鉄の広報の方。なんでも、私らの作った辰野塩尻の小野宿のガイドブックを偶然入手し、とても興味をもったとのこと。そして、10月に企画している小野へのバスツアーにて使用したいので数十部送って欲しいとのことでした。まあ、どうして手に入れたかも不思議でしたが、目にとまって使ってくれるとは2重にびっくりの出来事。

  さっそく用意して送りました。ついでに、長野で出しているもの数冊と、山梨の発売ガイドブック一覧表も送りました。考えてみれば、田舎のツアーを考えてそこに来る場合、修学旅行のパンフレットのようにいちいち作っていたら、経費的にも、そこに割く人数的にも合わないわけで、そんなものが市販であれば都合よい。


  で、探してみれば、大きな観光地ならそういうものはいくらでもあるけれど、小さなスポット的な場所だと、そういうものはないんですね。だって今度作ろうとしている、奈良井あたりでそういうものは出てないですよね。妻籠や馬篭くらいになるとあるかもしれないですけれど。
 

  これって、やはりインフラってことなのかなってつくづく思いました。こういうものが作ってあれば、それを使うという発想が旅行会社のほうに
出てくるわけです。そして、山梨のように、県内くまなく作ってあれば、旅行会社から見れば、使い勝手がいいわけで、まあ、企画を組むのはそればかりではないですが、
多少、よそと比べて有利になるわけです。旅行会社のためにガイドブックを作っているということではないですが、立派な隙間産業になってるのではと
ちょっと思いました。ほかも買ってくれるとうれしいですが・・・。

|
|

« 富士見西山取材 | トップページ | 「ウェス・アンダーソンのお仕事」 »

フットパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/57354107

この記事へのトラックバック一覧です: 某大手鉄道会社からオファーが:

« 富士見西山取材 | トップページ | 「ウェス・アンダーソンのお仕事」 »