« 学問が進むと言うことはこういうことかな「環境考古学への招待」 | トップページ | コールラビ 作ってみました »

久しぶりに地蜂を

 昨日、牧草地の草刈りをしていたら、いきなり何かに刺されました。目の上なんですが、結構痛い。で、顔の周りをブンブンと蜂らしきものが飛んでいる。慌ててそこを離れて、ちょっと離れた場所から見てみると、文字通り、ハチの巣をひっくり返したような騒ぎ。落ち着いて観察すると、どうも蜂は土の中から出てきてる。もしかすると・・・・

 よーく観察していたら、騒いではいたけれど、ある程度近づいても攻撃してこない。で、小さな穴を出たり入ったりしている。こりゃ地蜂?と、止まっている蜂を見たら、どんぴしゃ。本当に久しぶりに、出会いました。

 

 ということで、さっそく煙幕を買ってきて、夕方から掘り始めました。

Dsc_1785

Dsc_1790

  それが、なかなか大きい巣でした。全部で6段 1.8キロくらいの巣。まあ、もう季節も終了間近だったので、びっしりという感じではありませんでしたが、そこそこ収量はありました。真ん中欠けているのは、地中に大きな石があったから。巣の一部が壊れてしまったわけではありません。かわいそうちゃあかわいそうですが、夜なべでむいて、おいしい佃煮ができました。

Dsc_1792

Dsc_1799




|
|

« 学問が進むと言うことはこういうことかな「環境考古学への招待」 | トップページ | コールラビ 作ってみました »

循環の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/57818701

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに地蜂を:

« 学問が進むと言うことはこういうことかな「環境考古学への招待」 | トップページ | コールラビ 作ってみました »