« 松原諏方神社 | トップページ | 祭りの本質はエロスかも!? 「日本の奇祭」 »

新海三社神社

 松原諏方神社に行ったついでに、ちょっと足を伸ばして臼田田口の新海三社神社によってみました。ここは、いわゆる諏訪湖の佐久の御渡り、小阪鎮守と先宮神社を結ぶラインを松原湖諏訪神社までのばし、その先の延長線上に建っているといわれています。オキハギの命(建御方命の子)を祀っていることから、単なる偶然ではないはずです。まあ、よくある話ではありますが・・・。

Dsc_0147


Dsc_0139



 場所は、五稜郭の元祖、龍岡城のある集落に在り、片田舎の山中にあるにしては立派 な神社でした。神仏混交の頃の特徴を残していて、境内には、神宮寺跡や荘厳な三重塔が建っています。また、裏側には、古墳がいくつもあったりして、なんだかごちゃ混ぜの印象。それでも近くに御射山社なんかもあるらしく、諏訪大社とのつながりを強く感じた神社でした。
それにしても、古く、立派な神社でしたね。

|
|

« 松原諏方神社 | トップページ | 祭りの本質はエロスかも!? 「日本の奇祭」 »

郷土の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/57518729

この記事へのトラックバック一覧です: 新海三社神社:

« 松原諏方神社 | トップページ | 祭りの本質はエロスかも!? 「日本の奇祭」 »