« 岡谷古本市 | トップページ | 霜月祭 ものすごい情熱と住んでいる土地への愛 »

赤沢森林鉄道

 上松の山の中にある森林鉄道。いつかいつかと思っていながら、なかなかいけなかったところです。今回思い切って行ってみました。まあ、もっと急峻な山の中にあるのかと思っていたのですが、川の上流部なのか、割と平坦な感じでそれほど深山感を覚えない場所でした。木曾の本谷とは雰囲気が違います。

  で、鉄道はいっぱしの感じで、ちゃんと分岐の設備もあり、単線の行って来い路線なので、先頭の牽引車の付け替え風景もあり、鉄道ファン・鉄道好きならとっても楽しめる面白い施設でした。もちろん乗り心地もなかなか。カーブがきつく作ってあって、スリルも満点です。周りの風景もそんなにヒノキに特化しているわけではなく、それなりに自然林で目の疲れも飛んでいくようです。念願かなってうれしかったかな。時速10キロくらいで進んだのですが、営業していた頃は30キロくらいだったそうで、それはそれで、スリルがあったのではと思いました。平日で、空いていてそれもよかったです。

|
|

« 岡谷古本市 | トップページ | 霜月祭 ものすごい情熱と住んでいる土地への愛 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/58067971

この記事へのトラックバック一覧です: 赤沢森林鉄道:

« 岡谷古本市 | トップページ | 霜月祭 ものすごい情熱と住んでいる土地への愛 »