« 諏訪の駅前の床屋さん | トップページ | 映画 「わたしたちに許された特別な時間の終わり」 »

愛知県の神社のお祭り・・・ってわいせつ物陳列じゃねえ?

 はい、そんなこと承知の上で見に行ってきました。で、やはりすごかった。なんてったって人出がね。こういうの、皆さんやっぱり好きなんですよね。

Img_7630
 で、この神社、田懸神社といいまして、愛知県小牧市の北東部にあります。こちらからのアクセスが極めて悪いのですが、頑張って行ってきました。もちろん名鉄は通っていますが、名古屋からのアクセスもいいとは言えない場所にあります。向かうまでの名鉄の中は3割ほど外人さんで、このお祭りは国際的に有名なようです。

 見ての通りの「おおっぴら」なんですが、こんな幟もあります。あ~~こんなの欲しい…なんちゃって。

Img_7616

 ちょっと調子悪くて 横になっちゃってますけど・・・リアリズムというより、春画の世界です。"UTAMARO"ですね。

 この田懸神社、寄進が集まるらしく立派です。

 Img_7604
 それでですね。隣の駅の近くに大懸神社というのがありまして、そっちは女性のものをシンボルにしたお祭りを、ほぼ同時期していたらしいのです。通称おそそ祭り。そして、田懸神社の幟に匹敵する、リアリズムの極致な幟があったらしいのです。しかし、当局のご指導により、×になったそうで、祭り自体も控えめになってしまったとか。

 う~~ん、こっちの祭りも十分当局のご指導が入る余地がありそうなのに、女性バージョンだけご指導が入ってしまったのですね。ということはそのうち、こちらにも当局のご指導が入るかもしれず、今のうちにと思って、出かけたわけです。

 そして、帰りにはこんなお土産も買いまして・・・

Img_7637
 食べるの、もったいねええ~~

 

|
|

« 諏訪の駅前の床屋さん | トップページ | 映画 「わたしたちに許された特別な時間の終わり」 »

郷土の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/59388264

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県の神社のお祭り・・・ってわいせつ物陳列じゃねえ?:

« 諏訪の駅前の床屋さん | トップページ | 映画 「わたしたちに許された特別な時間の終わり」 »