« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

諏訪市後山

Dsc_0343



 諏訪の後山周辺のガイドブックの取材に入っています。後山は、湖南村の一部で、板沢、青木沢も含みます。もうひとつ覗石(ノゾキイシと読む)という、こちらは上野村に属する小さな村もあり、この4つの集落でひとつの冊子にまとめる予定です。で、ノーマークだった覗石が意外におもしろい集落で、集落のはずれにある小高い丘状の小山に、石碑や石仏が集まって階段の横に沿って建てられていて、とても風情があります。

 また、後山に向かう県道から覗石の集落に向かう途中は、中央アルプスがいい感じで眺められます。また、鎮守社は七社明神社という神社で、いくつかの神様が祀られていました。これもいわれがありそうです。また、板沢には、地蜂の増殖研究所があったり、後山は後山で、例の分校跡はなかなかのものですし、秋葉様のお祭りは他に無いユニークなものです。このガイドブックは大穴になりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高遠 芝平

Img_7449



 ガイドブック、高遠の芝平編を鋭意作成中なのですが、どうも6つの集落の位置関係がよくわからない。というわけで、道祖神の確認と道の分かれ目の確認とにいってまいりました。ちょうどうちから一山越えた場所なんですが、杖突を越えて遠回りしていかねばなりません。

 昔は山一つというわけで、御射山神戸ともつながりがあったのです。伐採に行っていた神戸の方が亡くなったりしているんですね。それほど、昔は直線距離というのが意味をもっていたわけです。そんなことを考えながら、芝平をめぐると、今の感覚の「不便」は、昔にしてみれば何のことはなく、あんな山奥でも、栄えていたということが信じられるわけです。でも、ちょうど新緑がきれいで、いいところだったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スワミニズム講演会

 岡谷の古本市の一催しとして行われたスワミニズムの講演会。今回は田中基さんのお話でした。基本的にスワミニズム会報第2号の内容とかぶったものでしたが、やはり本で読んだだけでは判らない部分を、丁寧に説明していただけたので、大変ためになりました。ただ、ずっと疑問に思っていたのは、縄文の土器に現われる模様の中に、女性の子宮の内部を描いたもの・・・というような記述があり、それが余りに解剖的な図案であるがゆえ、少し謎に感じていました。その辺はどうなのでしょうか?

   民俗学的事象から見れば、陰陽石などはやはり外部から見た形をあらわしていますし、胎内くぐりのようなものは、たとえば善光寺などにはあったりしますが、陰陽石ほどポピュラーでは無いですよね。縄文人はなにゆえ、そういう内部的なものや構造がわかったのか・・・・謎であります。そういう科学的な見方をすること自体が、今の時代に染まってしまっていて、イカン。などといわれるかもしれませんが、やはりそのあたりはもうちょっと説明が必要な個所かと思います。でも、おもしろかった。特に土器などのエロい解釈には独特のものがあります。井戸尻もそういう研究をやってるんだと、もうちょっとおおっぴらにすべきでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年も毛刈り

 毎年恒例のヒツジの毛刈り。今年はいつものイベントはやめて、身内でのんびりやることに・・。しかし、母ヒツジを貸出していた飯田から来てくださったり、刈った毛を使いたいという方が応援にきてくださったり、結構にぎやかに、過ごしたわけです。

Img_7704
Img_7713

 そんな自分たちで楽しむ感じで、持ち寄りランチにしたんですが、食卓はこんな感じで、たけのこご飯のおにぎり、合鴨の卵のゆでたもの、うちで用意したのは、手作りおはぎ(小豆、ゴマ、赤米は自家製)となめこの佃煮。ワイワイ楽しく、いつものイベントとは一味違った毛刈りでした。それにしても、飯田・竜岡の小学生、元気いっぱいだったなぁ~。

Img_7721

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

岡谷の古本市 2015春

  岡谷の古本市にいってきました。前回は骨董や古道具などを一緒に売ったりしたので、ちょっと本が少なく、いまいちだったのですが、 今回は、そういうものはやらずに本一筋でやってくれたので、結構楽しめました。ただ、30日の日に行って、手持ちが無く、たぶん売れちゃうだろうなと思った 「山の神」(ネリー・ナウマン著)はやはり無かったです。残念!! が、その代わりに江戸時代に書かれた、木曾の薮原宿の絵入り紹介本と 上田・佐久の民話集、善光寺のいわれの本、などをゲットし、まあ、満足して帰ってきました。前回のような掘り出し物は・・・無かったかな。 でももう本は増やさない気持ちだったのですが、古本市だと出会いがあって、なかなかやめられませんね。

Kc3p0017

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山菜三昧

 今年はいつもの年より、1週間ほど全てが早くなってます。というわけで、タラの芽とコシアブラとコゴミが一気に出てきました。 これに爆発したシイタケをくわえれば、ちょっとしたてんぷらセットになります。春の味覚ですね。普段は、連休明けに取れるものが 連休前に取れだして、これはこれで、大勢の山荒らしが山に入る前に、地元の人間が春の味覚を味わえるので、良いことです。 このあと、独活が出てくれば山菜はおしまい。春の野菜の種を播いてあるので、そういった野菜の季節になるんです。

Img_7676Img_7678




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »