« スワミニズム講演会 | トップページ | 諏訪市後山 »

高遠 芝平

Img_7449



 ガイドブック、高遠の芝平編を鋭意作成中なのですが、どうも6つの集落の位置関係がよくわからない。というわけで、道祖神の確認と道の分かれ目の確認とにいってまいりました。ちょうどうちから一山越えた場所なんですが、杖突を越えて遠回りしていかねばなりません。

 昔は山一つというわけで、御射山神戸ともつながりがあったのです。伐採に行っていた神戸の方が亡くなったりしているんですね。それほど、昔は直線距離というのが意味をもっていたわけです。そんなことを考えながら、芝平をめぐると、今の感覚の「不便」は、昔にしてみれば何のことはなく、あんな山奥でも、栄えていたということが信じられるわけです。でも、ちょうど新緑がきれいで、いいところだったなぁ。

|
|

« スワミニズム講演会 | トップページ | 諏訪市後山 »

フットパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/60139809

この記事へのトラックバック一覧です: 高遠 芝平:

« スワミニズム講演会 | トップページ | 諏訪市後山 »