« TOTOどんぐりの森 | トップページ | 山奥の集落が崩壊していく »

ゆらりゆらゆら「白河夜船」

 久しぶりの映画です。またまた安藤サクラ主演で、最近安藤さんの映画にはまってますから、勇んで見に行きました。白河夜船ってもともと「知ったかぶり」という意味だと初めて知った感じです。この映画では、よく使われる「ぐっすり寝込んでしまう様」で、使われていますが・・・。

142728280023230623177

 まあ、映画は、ほんとにユラユラ揺れている小舟の中で、ゆっくり寝てしまったような、そんな映画で、とっても心地よかったです。実際、ほんとに寝てしまったのかもしれません(笑)。安藤さんのいつものリアリティのある演技は影をひそめ、アンニュイな雰囲気を上手に醸し出していて、何とも不思議な映画でした。

 このふたり、「家族のくに」では兄妹の役でしたが、井浦新が森本レオのような雰囲気の不倫野郎の無責任体質を、非常にうまく表現していて、芸達者二人で、とても上質な空間を作り出してくれていて、う~~んと、大人が唸る恋愛映画の秀作になってました。そういう意味で、とてもよかったですね。

 

 

|
|

« TOTOどんぐりの森 | トップページ | 山奥の集落が崩壊していく »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/60603167

この記事へのトラックバック一覧です: ゆらりゆらゆら「白河夜船」:

« TOTOどんぐりの森 | トップページ | 山奥の集落が崩壊していく »