« 「あん」は河瀨監督の会心の作 | トップページ | 金鶏金山 »

阿南町深見のお祭り

  阿南町の和合というところと、新野、大下條で3冊のガイドブックを作ることになり、ざっと下見に行ってきました。ちょうど夏祭りの時期なので、深見の祇園祭りもついでに観てきました。

Dsc_0271

 深見というのは、阿南の役場のある場所で、地震でできたと言われている深見池という小さな湖(池?)がある、小盆地です。祇園祭りはそこの諏訪神社と津島神社のお祭りです。このお祭りは京都の祇園祭りをひな形に、信州流にアレンジしたもので、鄙にしては優雅な、お祭りでした。

 まずは、ちびっこ神輿が、池のほうから、高台にある神社に向かいます。で、神社につくと、今度は神事が行われ、大人が担ぐ神輿に、神殿から神様が乗り移ります。その神様が乗った神輿を担いで、池まで行き、いかだに乗って、沖に出て、花火が上がってという、津島さまらしい「火祭り」の様相を呈しています。

Dsc_0275

 何より素晴らしいのは、神輿の道行です。優雅な演奏(太鼓と笛・三味線)と、花飾り、お獅子や天狗の面も一緒に池へと下ります。神様を乗り移させるときには、神官が「お~~」っという雄たけびをあげたり、それなりに古式にのっとっています。

 前にも書きましたが、戦後、行政が始めた祭りにはない、きちんとしたいわれと、神事と神様との絡みがちゃんとある、素敵なお祭りでした。

|
|

« 「あん」は河瀨監督の会心の作 | トップページ | 金鶏金山 »

フットパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/60998393

この記事へのトラックバック一覧です: 阿南町深見のお祭り:

« 「あん」は河瀨監督の会心の作 | トップページ | 金鶏金山 »