« 思わぬ余禄が・・・ | トップページ | 木祖村の取材がほぼ終了 »

東濃 歌舞伎地帯

 どうも更新ができなくていけません。

 で、今回は、岐阜県の東濃地域の地歌舞伎のお話です。地歌舞伎・農村歌舞伎といえば長野も盛んですが、大鹿などは有名になりすぎて大変混んでいるようです。で、ネットの情報などで、岐阜の東濃が、あちこちであるため、比較的すいているということを知りました。

 ちょうど、恵那市中津川市でやっているプログラム、「えなここ」というのを知り、その中にお弁当付きのおいしい企画があったので、申し込んで行ってみました。

会場はここ

Dsc_0030
Dsc_0032

で、こんな感じで・・・・

Dsc_0034


 ちょっと田舎芝居めいてはいますが、中には非常にうまい人もいて、松竹歌舞伎の上をいってるのではと思わせてくれました。まあ、松竹などは、始まれば20日とか連続上演されてるので、日によって「悪い」コンデションの役者もいるわけで、主役級がそんな日に当たったもんには、目も当てられないなんてこともあるわけで、1年一発勝負の地歌舞伎なればこその熱演でした。

Dsc_0046

 こんな赤ふんで、ちょっとお下品に・・・・なんていう演出は、お上品な歌舞伎座ではご法度なわけで、そういう意味でも面白かったわけです。ちゃんと11時から17時半ころまでびっしり演目があって、歌舞伎座並。吉本新喜劇みたいな新歌舞伎も織り交ぜて会って、本当によかったです。

Dsc_0038


 で、お弁当はこれ。特製です。周りの人がのぞいて見ておりました(笑)。

|
|

« 思わぬ余禄が・・・ | トップページ | 木祖村の取材がほぼ終了 »

地域づくり・地元学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/62115251

この記事へのトラックバック一覧です: 東濃 歌舞伎地帯:

« 思わぬ余禄が・・・ | トップページ | 木祖村の取材がほぼ終了 »