« 石造文化財の本を作って道祖神が盗まれた | トップページ | いろいろなことで大忙し »

八百津町

 このところ、岐阜県東濃地方を取材して回っています。長野県がまだまだなのに岐阜県も…という感じですが、名古屋方面へのガイドブック進出には、ある程度中部圏での部数が出ていないとという事情のもとでの取材です。

 

 で、八百津という町が前々から気になっていたので、行ってみました。

 

 この八百津、車で行かないなら、とことんアクセスの悪い場所で、この日はたまたま行きは友人に送ってもらったのですが、帰りは、八百津→(バス)→名鉄明智駅→(電車)→名鉄新可児→JR可児→多治見 といった具合で大変でした。

 

 まあ、そんな一見辺鄙な場所だからこそ、いろいろ残っているわけで、そのことを再認識してきました。

  立派なお寺がふたつ。古い建物が残っている商店街。「うだつ」が上がっている建物も一軒でしたが、ありました。また、木曽川の水運で栄えたので、地名に「津」がついているのですね。そうそう、今朝のニュースでは、杉原千畝が八百津出身で、町長さんが記憶遺産にするために、イスラエルまで出向いたなってこともやっていました。そんな八百津、いいガイドブックができそうです。

Dsc_0755
Dsc_0789
Dsc_0795






 

|
|

« 石造文化財の本を作って道祖神が盗まれた | トップページ | いろいろなことで大忙し »

フットパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397928/62209284

この記事へのトラックバック一覧です: 八百津町:

« 石造文化財の本を作って道祖神が盗まれた | トップページ | いろいろなことで大忙し »